FEATURE

2024.05.10
kimikara(きみから)

『スキキスキス』が、2年目に突入してしいるkimikara(きみから)の新たな代表曲になれたらいいなと思っています。 kimikara(きみから)インタビュー・1

 kimikara(きみから)が、5月21日に1stCDシングル『スキキスキス/ラリルレロン』を発売する。2月に配信リリースした1st配信アルバム『You're My Sunshine』も好評だけに、今回の初CDリリースは、kimikara(きみから)にとっても嬉しい追い風になりそうだ。6月26日には東京キネマ倶楽部で3rdワンマンライブ「Do you love me?」の開催も決定中。彼女たちは、1stCDシングルの発売に向けて、5月13日より4回に分けて「チラシ配りで目指せ東京キネマ倶楽部〜きみから山手線1週の旅〜」と題した企画イベントも行う(詳細はこちら)。今回は最新シングルの話を中心に、6人に今の気持ちを聞いてきた。


『スキキスキス』で見せるあすちゃんの冒頭の振りが、頭から離れなくなるくらいインパクトがあるからね。


──2月にリリースした1st配信アルバム『You're My Sunshine』、みなさんの元へはどんな反響の声が返ってきています?

日色ゆい SEを含め、アルバムにはそれまで配信リリースをしていなかった楽曲も収録していたことから、新曲や、それまで個別に配信していた楽曲を一気に聴けることでの嬉しい声が返ってきています。しかも、(雲丹)うにちゃん加入前の楽曲を、うにちゃんも加えた今の6人バージョンで録り直したことで、新たな気持ちで聞き返してくださっている方々も多いです。

スナップ
▲日色ゆい


蜂光うに  わたし自身が、メンバーオーディションを受けるうえで配信リリースしていた曲たちをたくさん聴いていたから、今でも、自分の歌声も入ったバージョンとよく聴き比べをしています。

──その感想も聞かせてください。

蜂光うに  けっこう曲の印象が変わったなと感じるから、自分の色も出せていると実感しています。

スナップ
▲蜂光うに


──kimikara(きみから)は5月21日に、1stCDシングル『スキキスキス/ラリルレロン』を発売します。みなさんにとって、初のCDになるわけですよね。

雨宮さゆ  そうなんです。自分たちの楽曲が初めてCDになります。配信として何時でも、何処でも聴けるのも嬉しいんですけど。形として手元に置けるのは、ほんと嬉しいなと思っています。CDが完成したら、何時でも眺められるように部屋に飾りたいですし、いつかは棚にkimikara(きみから)のCDをいっぱい並べたいです。

スナップ
▲雨宮さゆ


──今回は、両A面シングル。『スキキスキス』はすでに…。

日色ゆい  ライブで初披露してから、もうすぐ1ヶ月経ちます。

月詩あす  初披露してから、ライブではほぼ毎回歌っています。

蜂光うに  『スキキスキス』って、めちゃめちゃ振りコピしやすいアップテンポの楽曲なんですね。しかも、初見の人でもすぐに真似出来るから、「『スキキスキス』が好き」と言ってくれる人たちは多いです。

日色ゆい  ライブではとくに、あすちゃんの冒頭の煽りが、頭から離れなくなるくらいインパクトがあるからね。あすちゃんが「くるくるくるくる バキューンバキューン」と言いながらバキューンと手で撃つ振りをファンのみなさんも真似てくれるし、メンバーである私たちも、そこの部分が頭から離れないくらいインパクトを感じています。

蜂光うに  わたしも、ファンの人たちから「『スキキスキス』のバキューンがいい」って言葉をよく聞きます!!

月詩あす  その反響の声は本当に嬉しいです。これからも気合を入れて頑張ります!!

スナップ
▲月詩あす

 

『スキキスキス』は、ドラマ「オオカミには騙されない」や、漫画雑誌の「ちゃお」の世界観って感じがします。

 
──それぞれ、『スキキスキス』の魅力や聞きどころについて教えてください。まずは、なこさんからお願いします。

白石なこ  初めて『スキキスキス』を聴いたときから、「アップテンポだし、ライブで盛り上がりそうな楽曲」という印象でした。これは個人的な感想ですが、『スキキスキス』の前に発表をしたkimikara(きみから)の最新曲が、盛り上がるというよりは、じっくりと歌の持つ世界に浸りたくなる『You're My Sunshine』でした。ファンの方々も「いい歌だね」と言ってくださっていたから、その声も嬉しかったんですけど。わたし自身は「みんなライブで盛り上がる新曲も待っているのかな?」と想像をしていたから、『スキキスキス』を聴いたときに、より強くライブ映えする楽曲だと感じたんだと思います。しかも、『スキキスキス』を受け取るときに「ライブの1曲目になるような楽曲」とも聞いたから、本当に「1曲目が似合う歌」という印象も覚えました。『スキキスキス』が、2年目に突入しているkimikara(きみから)の新たな代表曲になれたらいいなとも思っています。

──実際にライブで1曲目に歌うことも?

白石なこ  それまでは『あにちゅにちゅ』を1曲目に持ってくることが多かったけど、ライブで初披露後は1曲目に『スキキスキス』を歌うことも増えました。実際に1曲目で歌うとファンの方々も最初から盛り上がってくれるから、「『スキキスキス』は1曲目に適している」と感じています。

──『スキキスキス』の歌詞の印象も聞かせてください。

白石なこ  かわいい歌詞ですよね。「君だけのスペシャル」や「オリジナルLoveできゅんさせて」と中で歌っているように特別感というか、自分のことをもっと見せたい気持ちや、誰かと一緒にしてほしくない思いが見えてくるところがいいですよね。表面上は恋の歌に聴こえますけど、わたし自身は、「自分ことをもっと推してよ」 というファンの人との関係を歌った楽曲として捉えています。もちろん、恋愛の歌として捉えてもアイドルソングらしさが出ているし、主人公の女の子がほんとかわいいなとも感じています。

スナップ
▲白石なこ


──続いて、るるさんお願いします。

桃瀬るる  みんなと一緒に盛り上がれるアップテンポな楽曲で、初めて見た人でもすぐに真似できる簡単な振りやパフォーマンスもあるから、ライブで振りを真似てくれたら、より一緒に楽しめる楽曲です。歌詞に、チョコやマシュマロという言葉も出てくるなど、"ザ・女の子"らしさを感じるところも、わたしはかわいいなと感じています。

スナップ
▲桃瀬るる


──女の子の恋心を歌った歌詞にも、共感を覚えます?

桃瀬るる  なんか、「(月)9」の恋愛ドラマって感じがする。あっ、もっとかわいい感じか。ドラマ「オオカミには騙されない」や、漫画雑誌の「ちゃお」の世界観って感じがします。

──あすさんの、『スキキスキス』の印象を聞かせてください。

月詩あす  これからリリイベが始まります。『スキキスキス』は振りコピしやすいからみんなも参加しやすいし、"巻き込み力"をアップしていけたらどんどん大きな盛り上がりを作っていける楽曲になると思うから、普段のライブやリリイベを通して、その盛り上がりをみんなと一緒にもっともっと作っていけたらなと思っています。

──『スキキスキス』は、あすさんの冒頭の煽りと振りも、盛り上がりを作り上げる大きなポイントになっていますよね。

月詩あす  初見の方でも、そこ次第で「この曲いいかも?!」となる楽曲だとも思うから、毎回、かわいく「バキューンバキューン」と撃てるように頑張ります。歌詞の中にも、女の子が「かわいい」と思える要素がたくさん入っているから、そこをしっかり聴いてほしいなと思いますし、初見で聴いても、すぐに「すごくかわいい」と感じてもらえる歌詞になっているところも『スキキスキス』の好きな面です。この曲は、どの世代の人たちにも楽しんでもらえると思います。

──あすさんは、中で「どうして?」のセリフも言っていますよね。

月詩あす  言ってます。最近、セリフパートを任されることが多いから、セリフを言うのも楽しんでいます。「どうして?」の言い方も、わたしはいろんなパターンを用意しています。それこそ、その日のライブの雰囲気を感じながら、「今日は、どの「どうして?」の言い方にしようかな?」と考えては、毎回のライブごとに異なる「どうして?」の言い方をしているから、そこにも注目してください。毎回ニュアンスは違いますけど、でも、毎回かわいい声で言うようにも心がけています。


「ねえ ほら こっちを見て」や「ねえ まだ こっち向いて」と歌うときは、ファンの人の目を見ながら歌っています。


──うにさんの、『スキキスキス』の印象はどうですか?

蜂光うに  今までのkimikara(きみから)はもどかしい恋心を歌うことが多かったけど、『スキキスキス』に登場する女の子は積極性など自分の意志を持っています。そこへ、「あっ、これまでよりも成長した女の子が登場した」と感じました。

──kimikara(きみから)の場合、新曲を発表するごとに、女の子の気持ちも成長しているってこと?

蜂光うに わたしが加入してから発表してきた新曲の流れを捉えたら、少しずつ心の成長もそうだし、1曲ずついろんな恋をしているから、そのシチュエーションもわたしは楽しみながら歌っています。『スキキスキス』『ラリルレロン』ともに、わたし自身は「1ランク心が成長した歌だな」と感じました。具体的に言うなら、もじもじ系から、ちょっとずつですけどはっきりと思いを言えるようになった、そんな印象です。

──『スキキスキス』をライブで歌っての印象は、どうですか?

蜂光うに  楽しいです。ライブ中、みんなもすごく弾けてくれるし、初めてkimikara(きみから)のライブに触れた方でも一緒に振りコピをしてくれます。それが嬉しいのと、曲中に、一部ファンの人たちが「WAO!!」と言ってくれるんですね。その声も、聴くたびに嬉しくなります。そこから、みなさん自由に楽しんでいるんだなという雰囲気が伝わってくるから、わたしは、そこも好きなところです。

──ゆいさんは、『スキキスキス』をどんな印象で捉えています?

日色ゆい  歌詞について言うと、「欲張りでいいじゃないの」や「特別がいいの」と女の子のわがままな感情を歌っていながら、そこへ自由な感じや女の子らしさも覚えるから、そこが好きなところです。『スキキスキス』は、歌詞もパフォーマンス面でも、今までよりも「かわいい」に振り切っている楽曲だから、歌い踊っていても楽しいです。

──『スキキスキス』も『ラリルレロン』も、そう。かわいさがありながらも、より積極的で大胆な女の子が歌詞に登場していますよね。

日色ゆい  むしろ、その「大胆でわがままな感じ」がすごくかわいいなと思いました。『スキキスキス』の歌詞はとくに女の子の共感を得やすい内容だと思うから、男性はもちろん、女性の方にも聴いていただき、共感してもらえたら嬉しいです。ほんと、とってもかわいい楽曲です。

──最後は、さゆさんですね。

雨宮さゆ  わたし、『スキキスキス』はkimikara(きみから)の楽曲の中で一番レスの多い歌だと思っていて、ファンの方々とも一番目を合わせやすいし、実際に目を合わせていける曲になっている印象です。わたしは、「ねえ ほら こっちを見て」や「ねえ まだ こっち向いて」の歌詞をファンの人の目を見ながら歌っています。そうやって毎回歌えるのが、わたしの好きなポイントです。

──そこ、お客さんがドキッとしてしまうポイントじゃない?

雨宮さゆ  ニコッとしたりフニャ~ンとした顔を見ると、「あっ気づいてくれたんだ」と思えてわたしも嬉しくなりますし、それをわたし自身も楽しんでいます。

──もしや、ライブごとに狙いを定めて歌っています?

雨宮さゆ  はい。わたしはその日のライブごとに、「今日は、ここの部分ではこの人を見よう」と決めながら歌っています。

──そこの一画の人たちの中には、「自分のことを見てくれている」と嬉しい勘違いをする人たちも出てくるんじゃない?

雨宮さゆ  そこ、どうなんでしょうね。でも、わたしが見つめた先にいる人たちがそういう気持ちになってくれたら、それも嬉しいこと。だからこそ、しっかり思いを込めて毎回歌っています。

──歌詞の印象も聞かせてください。

雨宮さゆ  女の子の恋する気持ちと、ファンの方々へ向けての思いが重なりあう歌詞だから、私たちの気持ちをしっかり伝えていける歌詞にもなっているところが、わたしは好きです。

──さっきの話じゃないけど、『ラリルレロン』も含め、kimikara(きみから)の歌に登場する女の子はどんどん積極性を増していますよね。

日色ゆい  自由奔放って感じです。

月詩あす  kimikara(きみから)って、表面上は恋愛系の歌詞が多いけど。そこを深掘りしていくと、恋愛以外の感情もいろいろ見えてきます。ファンの人たちとの関係性はもちろん、アイドル活動をしていくうえでの心模様や人生観まで。そういう気持ちを感じることで、私たち自身も歌声に感情を乗せやすくなるし、実際にそう歌っているからこそ、歌詞の奥に込めた思いまで感じてくれたら嬉しいです。

──もう1曲が、『ラリルレロン』になります。今度は、さゆさんから『ラリルレロン』の魅力を語っていただいても良いですか?

雨宮さゆ  ライブでの初披露は、5月~~ (後編へ続く)


TEXT:長澤智典 
 

<インフォメーション>

CD情報

JKT

スキキスキス/ kimikara(きみから)
発売日:2024/5/21
品番:WRWR-29
価格(税込):1,000円
収録曲:
1.スキキスキス
2.ラリルレロン
3.スキキスキス(Off Vocal)
4.ラリルレロン(Off Vocal)


リリースイベント

フライヤー
フライヤー
5/20(月) HMV& BOOKS SHIBUYA6F
19:00〜 

5/21(火)【発売日】汐留シオサイト
19:00〜

5/22(水)タワーレコード川崎店
19:00〜

5/23(木)タワーレコード池袋店
19:00〜

5/24(金)エンタバアキバ
19:00〜

5/25(土)タワーレコード渋谷店5階
12:30〜

5/26(日)タワーレコード新宿店
15:00〜

※5/25(土)・5/26(日)リリースイベントは、詳細発表まで会場へのお問い合わせはご遠慮下さい。


CD1枚ご購入につき特典券1枚配布致します。

(通常レギュレーション)
特典券1枚

全員握手 or 写メ
特典券2枚

サインありチェキ
特典券3枚

個別握手


kimikara(きみから)定期公演
「きみから〜ず vol.4 ~ファイナル~」

日程: 5/17(金)
会場:秋葉原AOHARIUM TOKYO
時間:OPEN/START 19:00/19:30
料金:前売り1500円(+1D)/当日2,000円

ライブ 19:30~20:30
特典会 20:30~21:40
https://t.livepocket.jp/e/q_z8w


kimikara(きみから)3rdワンマンライブ「Do you love me?」
日程:6/26(水)
会場:東京キネマ倶楽部
時間:開場18:15/開演19:00
料金:前方10,000円(前方エリア・オリジナルTシャツ・特典会ファストパス付き)
   カメラ席(2階・椅子あり)8,000円
     一般2,500円
https://t.livepocket.jp/e/60djr



<チラシ配りで目指せ東京キネマ倶楽部〜きみから山手線1週の旅〜>

フライヤー

・開催日
5/13(月)18:00〜21:00
5/15(水)18:00〜21:00
5/16(木)14:00〜17:00
5/17(金)15:00〜17:00
 


kimikara(きみから)

アー写

■HP
https://kimikara.tokyo

■Twitter
https://twitter.com/kimikara_info

■Instagram
https://www.instagram.com/kimikara_official/

■TikTok
https://www.tiktok.com/@kimikara_official


■メンバー

白石なこ (しらいしなこ)
担当カラー:ライトブルー
Twitter: https://twitter.com/nako_kimikara

月詩あす(つくしあす)
担当カラー:ホワイト
Twitter: https://twitter.com/asu_kimikara

日色ゆい(ひいろゆい)
担当カラー:ライトイエロー
Twitter: https://twitter.com/yui_kimikara

雨宮さゆ(あめみやさゆ)
担当カラー:オレンジ
Twitter: https://twitter.com/sayu_kimikara

桃瀬るる(ももせるる)
担当カラー:ピンク
Twitter:  https://twitter.com/ruru_kimikara
                           
蜂光うに(はちみつうに) 
担当カラー:ロイヤルブルー
Twitter:https://twitter.com/uni_kimikara

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.06.21
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.06.18
ガルポ!ズ INTERVIEW