FEATURE

2023.10.01
ジエメイ

ジエメイを応援してくださる以上は、その人を絶対に幸せにするから。ジエメイ インタビュー

 名古屋をベースに活動中、オルタナティブロックアイドルの「ジエメイ」が10月10日にアルバム『LUNA4』を3-TYPE発売する。同作品の魅力を4人に伺った。


アー写


お互いに、楽しいをキャッチボールしながら高めあっています。


――ジエメイが活動をスタートさせたのが…。

黎鮫ワナ 2022年4月末から活動を始めました。

八乙女ニア  ジエメイの場合、東名阪を定期的にまわって活動をしていることもあって、毎日がめまぐるしく過ぎていくから、ここまであっと言う間という感じがしています。

――ジエメイは、オルタナティブロックアイドルを標榜しています。メンバーのみなさんも…。

黎鮫ワナ  音楽体な方向性や具体的な曲制作はプロデューサーが決めていますけど。ジエメイのメンバーみんなロックな音楽性をやりたい気持ちを持って集まっています。しかも、王道なロックスタイルではなく、オルタナティブロックという言葉のようにジエメイ独自の音楽性を追求しています。ライブでも常に、お客さんを煽っていますしね。

――あの熱い曲調を聞いていると、自然と気持ちが熱く沸き立ちますからね。

神代ロゼ  ジエメイはつねに、フロアにいる人たちと一緒に作るライブを大事にしています。たとえ初めてジエメイのライブに触れた人でも入ってきやすさも心がけています。

八乙女ニア 初見の人でもすぐに参加してもらえるようにと、振りもわかりやすく、真似やすいのが多いです。

――その場にいる人たちをグイグイと自分たちのフィールドへ巻き込むパワー、あれすごくないですか?!

眠目り汰  私たちの楽しんでいる姿が伝染しているからかも知れないです。ファンの方々の楽しい気持ちに煽られている面もあるからね。

八乙女ニア  そう。ファンの方々が「楽しい」と騒いでくれる気持ちが自分たちにも伝染していくから、そこは相互作用です。お互いに、楽しいをキャッチボールしながら高めあっています。


ジエメイの楽曲は、聴いてくれる人たち一人一人の人生に当てはまる歌詞がほとんど。


――それぞれ、今のジエメイに感じている魅力を語っていただけますか。

眠目り汰  ジエメイ一番の魅力は、メンバーそれぞれの歌声です。よくファンの方々に「4人とも歌がうまいグループは珍しい」と言ってもらえます。それぞれの歌声の色がかぶらなければ、互いの個性を邪魔してないどころか、それぞれの個性を引き立てあっている。4人が4人とも歌声を引き立てあっているところこそジエメイの強みです。

――り汰さんか見た、3人の歌声の魅力も教えてください。

眠目り汰  ロゼさんは艶っぽい歌声というか、このメンバーの中で一番綺麗な歌声をしていれば、3人には絶対に真似の出来ない独特なオリジナルの歌声を持っています。  ニアちゃんは、アイドルっぽい歌声も出せるんですけど。かわいい見た目とは違って、魂を乗せたロックな歌い方が似合う人。見た目と歌声のギャップに一瞬でやられてしまいます。 ワナちゃんは、どんな曲を歌ってもワナちゃんになる人。同じ曲でも、CDだからこそ映える歌声、ライブだからこそ映える歌い方、アコースティックなスタイルだと、さらにアレンジを加えて原曲とはぜんぜん異なる歌い方をするなど、まさにエンターテイナーです。あの歌い方の柔軟性はすごいです。

神代ロゼ   り汰ちゃんの歌声も変幻自在だよね。どんな曲を歌ってもり汰ちゃんになるというか、本質的に歌のうまい人。まるで、歌のお姉さんみたいな人です。

黎鮫ワナ  マイクに乗ったときに一番映える歌声なのが、り汰ちゃんだからね。

――4人の歌声の個性は、曲によっても異なる魅力を発揮しているのでしょうか。

黎鮫ワナ ジエメイの場合、どの曲でも歌詞割の数がほとんど均等なんですね。それぞれが与えられたパートを突き詰めていく。それぞれ、曲ごとに自分なりに映える歌い方を追求しています。

八乙女ニア  だから、どの曲からもそれぞれの歌声の個性が見えてくると思います。

――なるほど。続いて、ジエメイの魅力について教えてください。まずは、ロゼさんからいきましょうか。

神代ロゼ  ジエメイの魅力は、メンバーの仲の良さですね。お互いがお互いをリスペクトしあえば、互いに高めあっている。いつも、そういう関係でいれるところが一番の良さだと思います。それぞれが、自分にはない個性を他の3人に感じていれば、互いに足りない部分を補いあう。そうやって結束力を高めあっているところも強みです。

――次は、ニアさんですね。

八乙女ニア  自分は、途中から加入したメンバーで、加入からようやく1年経とうとしています。ジエメイの魅力といえば、メンバーみんなストイックなところ。ダンス一つを取っても、みんな出来るようになるまでずっと追求し続けていく。そのストイックさが、今の姿を形作っています。

――続いて、り汰さんお願いします。 

眠目り汰  やっぱり、互いに歌声の個性を引き立てあえば、それをジエメイの個性にしているところです。 

――最後は、ワナさんお願いします。

黎鮫ワナ  1年半前に比べたら、お客さんたちを巻き込む力はだいぶ上がってきています。始めたばかりの頃こそ、ステージとフロアの間に壁がありましたけど。ファンたちも含めてジエメイなんだという一体感を持った空気が生まれた頃から、どんどんジエメイを取り巻く空気が変わってきたなと感じてきましたし、そこがジエメイの魅力だと思っています。それと、歌詞を心に届けようという意識を持ってライブをやっているところ。そこも、ファンたちを惹きつけてきた魅力だなと感じています。

――お互いの距離感は、早いうちから縮めていたんですね。

黎鮫ワナ 自然に、そういう方向になっていったなと思います。

――生きざまを綴ったメッセージ性の強い歌詞も、ジエメイの魅力じゃないですか?

黎鮫ワナ  そうですね。ジエメイの楽曲は、聴いてくれる人たち一人一人の人生に当てはまる歌詞がほとんど。一度でも聴いていただけたらその思いは伝わると思うから、歌詞にも注目してください。


すごく良いタイミングでリリース出来るなと思っています。


――ジエメイは、10月10日にアルバム『LUNA4』を発売します。SEとBonus Trackを含めて全部で15曲収録と、かなりボリューム感がありますよね。

黎鮫ワナ  ここへ至るまでにもたくさんの楽曲を作っていただければ、それらを収録しています。自分たちの中では、そろそろここで新しい展開を作っていかないと、応援してくれている人たちに飽きられてしまうかも知れない焦りもあったし、ファンの人たちからも「音源はないの?」という声もいただいていたから、すごく良いタイミングでリリース出来ることになりました。

――アルバムへ収録したのは、この1年半の中で歌い継いできた曲たちだ。

黎鮫ワナ  そうです。デビュー前にレコーディングをした楽曲から、8月に録音した最新の曲まで、ここへ至るまでのジエメイの成長が見えてくる作品にもなりました。

神代ロゼ  ちなみに、一番最初に録ったのが『な??』で、一番最新が『狐月』です。

黎鮫ワナ この2曲を聴き比べてもらうだけでも、メンバーの表現力の成長が見えてくると思う。

八乙女ニア  声質の成長もそうだけど、一人一人が表現力の技術を磨き続ければ、それを互いに育て続けてきた成果も、このアルバムからは見えてくるなと思っています。

黎鮫ワナ  普通、同じメンバーでずっと活動を続けていると、バラバラだった個性や声質が、影響しあう中、次第に似通っていくものだと思うんですけど。ジエメイは逆で、最初の頃って、誰がどこを歌っているのか音源を聴いてもあまり聞き分けにくい面がありました。でも1年半の中でそれぞれが個性を伸ばしていった結果、聞き分けできるくらい、それぞれの個性が明瞭に歌声や歌い方の中へ出てくるようになりました。

――みなさん、活動をしていく中で自分なりに歌声の生かし方をわかってきたということだ。

黎鮫ワナ  だと思います。よくメンバーどうしでも、「今の歌い方良かったよ」「こういう歌い方もすごく合ってるね」と言い合えば、「ここ、似ているから、こう違いを出そう」などやってきたことが、結果的に、個々の個性を伸ばしていく形になったんだと思います。


一番、音源とライブでの変化を感じられる曲としてあげたいのが…。


――それぞれ、アルバムの中のお勧め曲を語っていただいても良いですか。

黎鮫ワナ 一番、音源とライブでの変化を感じられる曲としてあげたいのが、『オートフィリア』。ライブでこの曲をやるときは、お客さんたちをめちゃめちゃ煽れば、歌い方もだいぶ変わります。音源では綺麗に歌いあげているから聴きやすいけど、ライブだと感情を爆発させて歌っているからこそ、その違いを感じてほしいなと思います。
 歌詞も、「死にたがってまだ生きていくのか」など、強い言葉をいろいろ散りばめているから、そこからこの曲に込めた深い思いを感じてもらえたら嬉しいです。ジエメイの楽曲の中では珍しい歌のかけあいも出てくるので、音源も聴いてほしいけど、『オートフィリア』はとくにライブで体感してほしい楽曲だと思います。

――ジエメイには,強い言葉を用いた歌が多くないですか?

黎鮫ワナ 弱い気持ちを鼓舞する内容の楽曲は多いです。中でも『オートフィリア』は、そういう言葉がとくに多く含まれています。

――アルバムには、Bonus Trackとして『オートフィリア(Piano Ver)』も収録していますよね。

黎鮫ワナ  『オートフィリア(Piano Ver)』はまた別のベクトルになるというか。ジエメイの楽曲の場合、BPMの速い曲が中心で、バックの音も激しいことが多いから、歌声やメロディーの魅力をじっくりと突き詰める機会が少ないんですね。それを形として描きだしているのが、リリースイベントなどでもよく行っているアコースティックな表現スタイル。それを、音源としても伝えたくて、今回、3-TYPEのアルバムの中へ、それぞれ異なる楽曲のピアノバージョンを3曲収録しました。その中の一つが『オートフィリア』。オリジナルの音源とも、ライブで歌うバージョンとも、まったく異なる楽曲として楽しめるはずです。

――次は、ニアさんお願いします。

八乙女ニア  わたしは、『IRIS』です。わたしは途中加入のメンバーですけど。「ジエメイのメンバーになりたい」と思うきっかけになったのが、『IRIS』でした。同時に、この3人と出会わせてくれた楽曲でもあるからこそ、すごく想い出に残っています。
  ジエメイの楽曲って、それぞれの歌声の個性を魅力にしているから、ユニゾンで歌うことがあまりないんですよ。でも、他のメンバーらとの歌声が重なったときの気持ち良さを『IRIS』では感じられます。手を上げたり指をさすなど真似やすい振りも多いから、ライブではファンの人たちも一緒に参加して楽しんでいます。ファンの人たちからは、「『IRIS』を聴いて泣きました」という声がたくさん届いているのも嬉しいし、自分の中ではめちゃめちゃ思い入れのある楽曲です。

――大好きな楽曲を、ジエメイのメンバーとして歌えているのも素敵なことですよね。

八乙女ニア  最初こそプレッシャーもありましたけど。メンバーとして『IRIS』を歌えていることは嬉しいですよね。今では、自分なりの歌い方を見つけては、それを表現もしています。

――続いては、ロゼさんかな。

神代ロゼ  ジエメイの中では、比較的アイドルっぽい楽曲になる『ツンからデレまで5秒前』を僕は推したいです。ジエメイと言えば、魂を込めた思いをロックナンバーに乗せて歌うことが軸になっていますが、『ツンからデレまで5秒前』は恋心を歌っています。オルタナティブロックを標榜しつつ、いろんなジャンルの音楽を表現していける振り幅をこの曲で見せていることも、このアルバムの中の一つのポイントになっています。
  振り付けも、Tik Tokにアップしても映えるキャッチーさを持っています。『ツンからデレまで5秒前』は、自分たちの可能性を広げた、ジエメイの中でも珍しい楽曲だから、僕はお気に入りです。

――最後は、り汰さんですね。

眠目り汰 『ツンからデレまで5秒前』と同じ系統ですけど、『ワタシスタイル』も、ジエメイの中では珍しい、かわいらしい楽曲です。この曲も、みんな振りコピしやすく、ライブで一緒に楽しめます。ジエメイは、いろんな音楽性をやっていきたい思いも持って始めています。それでも、『ワタシスタイル』う義いたときはビックリしました。今となっては、ライブでファンの人たちと一緒に楽しめる曲して支持を得ているから、こういう楽曲がジエメイの中に増えても楽しいなと思っています。こちらも『ワタシスタイル(Piano Ver)』を収録しているから、聴き比べてください。


ジエメイの歌を好きになってもらえるきっかけになるアルバム。


――完成したアルバム『LUNA4』についての手応えも、ぜひ教えてください。

黎鮫ワナ 長くジエメイに接してきた人たちにはジエメイの成長を感じてもらえる作品であり、最近ジエメイを知った方には、ジエメイがどんな風に成長してきたのかはもちろん。ジエメイの歌を好きになってもらえるきっかけになるアルバムだと思います。とにかく、このアルバムを聴くことでジエメイのことを知ってもらえるはずです。

八乙女ニア  1曲1曲聴くごとに、想い出や思い入れがいろいろ甦ってきます。同時に、この4人で一緒に歩んできた歴史がここに詰め込まれてることがすごく嬉しいんです。こうやってジエメイの歩みを形にして残せたことでの達成感もありますけど。この作品が、ジエメイをさらに未来へ繋げていくんだろうなとも感じています。このアルバムを聴いて、さらにジエメイへ期待の眼差しを向けてほしいですね。

神代ロゼ  アルバムを作り上げた嬉しさが一番にあること。自分はアイドルになる前は、バンド活動やソロでピアノ演奏するなどのアーティスト活動をしていました。そのときは、自分たちの作品をCDとして出すことがなかったけど。その夢を、しかもメジャーリリースという形で出せることで、叶えたかった一つの夢を叶えることができました。それが、個人的には何よりも嬉しいことです。

――よくアイドル活動からアーティスト活動へシフトする方はいますが、ロゼさんは逆パターンですよね。なぜアイドルになったのかが気になります。

神代ロゼ  バンド活動時代は、アイドルとは無縁の世界で生きていました。もちろん、歌ったことも、ダンスをしたことだってありませんでした。きっかけは、今のプロデューサーに声をかけていただけたこと。「アイドル活動をやってみないか?」と誘われたときに、「アイドルという場に足を踏み入れることで、自分の中の新たな可能性を見つけられるんじゃないか」「もっともっと自分の可能性を見てみたい」と思ったことで、アイドル活動を始めました。

――やってみて…。

神代ロゼ  良かったなと思っています。形は違えどアイドルとしての夢や目標もできたので。

――り汰さんの感想もお願いします。

眠目り汰  活動していく中、ファンの方々から「まだ音源は出ないの?」と言われ続けていたから、メンバーにとってもそうだし、ファンの人たちにとっても待ち望んでいたアルバムになりました。しかも、メジャーリリースですからね。それが本当に嬉しくって。
  私たちが「嬉しい」と思っているのと同じくらい、ファンの人たちにも「嬉しい」と言ってもらえていることも嬉しいんです。活動を始めたばかりの頃は、手で数えられるくらいのファンの方しかいなかったのが、今では、ワンマン公演でライブハウスが埋まるほどの方々が観に来てくださっています。そういう歩みや成長も思い出せる1枚ですし、ファンの方々も、「この曲の頃にジエメイに出会った」など、それぞれに出会った頃の想い出を振り返れる作品になっているなと思います。


そこがゴールではなく、そこからさらに次へステップしていけたらなと思っています。


――11月からは、東名阪を舞台にしたワンマンツアーがスタートします。

黎鮫ワナ  11月4日に大阪のYogibo HOLY MOUNTAIN。14日が東京の代官山ユニット。そして、ツアーのファイナル公演を、27日に名古屋ダイヤモンドホールで行います。

眠目り汰  名古屋ダイヤモンドホールは、かなりおっきいですけど…。

神代ロゼ  でも、楽しみだよね。

八乙女ニア メンバーみんな、楽しみな気持ちのほうが大きいです。初めてワンマン公演をやったときは人が来てくれるのかめちゃめちゃ不安でしたけど、今はたくさんの人たちがジエメイのことを応援してくれているからきっと大丈夫という信頼の気持ちのほうが強いです。それに、名古屋ダイヤモンドホールだって、そこがゴールではなく、そこからさらに次へステップしていけたらなと思っています。

神代ロゼ  ライブ活動を始めた頃は、フロアにいても下を見ているなど、ライブを見てもらえない経験もしてきました。今ではペンライトの数も増えてきたし、何より、ライブをしっかりと見てもらえるようになったことが嬉しいんです。

八乙女ニア  初見の方も、積極的にライブへ参加してくださるようになっているのも嬉しいよね。それだけ、自分たちが魅力を出せるようになってきているんだとしたら、そんな嬉しいことはないです。

――そして、今後のジエメイですが…。

八乙女ニア  いつかは国立競技場でやりたいです。あと、永遠にこの4人で活動していきたいです。

黎鮫ワナ  やりたいことは山ほどありますけど。それをどこまで現実にしていけるのか…。4人ともアニメやゲームが好きだから、アルメのタイアップだって狙いたいけど。そういうのは、私たちだけの力では実現できないこと。大きなイベントへ出演するにも、そこには、たくさんの応援してくださる方々や、支持してくださる関係者の方々の強力も必要なこと。とにかく、いろんな人たちを巻き込みながら、少しずつ夢を叶えていけたらなと思っています。


ジエメイならそれができると思っているからこそ、いろんな人の背中を推し続けていきたいです。


――最後に、ひと言ずつメッセージをいただこうか。

眠目り汰  自分の歌声で…ジエメイの歌声で、応援してくださる人たちを幸せにしたい気持ちは、昔も今も変わらずにあることです。ジエメイを応援してくださる以上は、その人を絶対に幸せにしていくから、これからもジエメイを応援していただけると嬉しいです。

神代ロゼ  僕は音楽をやりたくて…音楽をやるためにジエメイに入りました。だからこそ、自分が真剣に音楽をやっている姿を見続けていてほしいです。

八乙女ニア  ジエメイに加入する前までは、朝も起きれないめっちゃダメダメ人間でしたけど。ジエメイに入ったことで生活も正されました。わたし自身が、ジエメイの曲や歌詞に背中を押されてきた人。だからこそ、次は自分が、人の背中を推していける存在になりたいんです。ジエメイならそれができると思っているからこそ、いろんな人の背中を推し続けていきたいです。

黎鮫ワナ  デビュー当初は、自分のために歌っていました。だけど、いつの間にかファンの人たちに思いが届くように歌いたいと思い、願っている自分に変わっていました。悲しいときも、笑顔のときも、ずっと寄り添える歌声を4人で届け続けたいなと思っています。たとえ離れていても、4人の歌声で側に寄り添っていたいし、そうし続けていきたいです。最後にこれも伝えておきたいんですけど。ジエメイの楽曲はどれも、歌詞はもちろん、曲名にもしっかり意味を込めてつけています。

八乙女ニア  そう。全部の曲が考察できるからね。神代ロゼ  ジエメイの楽曲制作を担うプロデューサー自身が、いつもメンバーの側にいて、いつも4人と同じ景色を見ていれば、同じ思いを共通しています。それは、悔しい気持ちも、嬉しい感情も、そう。いつもメンバー自身の気持ちを汲み取って楽曲にしているからこそ、そういうところも歌詞から汲み取って感じてもらえたら嬉しいです。


TEXT:長澤智典

 

<インフォメーション>


ジエメイ
『LUNA4』
2023.10.10 On Sale


価格:各¥2,250(税込) 
品番:QARF-60211〜3
販売元:コロムビア・マーケティング株式会社
発売元:株式会社ロックフィールド 

M01. SE -VOYAGE
M02.な?
M03. ツンからデレまで5秒前
M04. オートフィリア
M05. IRIS
M06. ワタシスタイル
M07. レアリゼ
M08. Mew
M09. 泥だらけヒーロー
M10. DigDigDig
M11. 召命コーリング
M12. 孤月
M13. ラ・ラ・リバース
M14. 愛する
M15. [Bonus Track] オートフィリア(Piano Ver)
M15. [Bonus Track] ワタシスタイル(Piano Ver)
M15. [Bonus Track] Mew(Piano Ver) 


【PROFILE】
アー写


2022年4月29日デビュー名古屋発4人組オルタナティブロックアイドル「ジエメイ」
黎鮫ワナ(KUROSAME WANA) / 眠目り汰(NEMUME LITA) / 神代ロゼ(KAMISIRO ROSE) / 八乙女ニア(YAOTOME NEAR
デビュー曲となる「な?」から最新曲「ラ・ラ・リバース」「タイトル未定」「召命コーリング」までを網羅したフルアルバム。
ボーナストラックにはライブでも人気曲の「オートフィリア」「ワタシスタイル」「Mew」のピアノアレンジバージョンを各アルバムに限定収録。 


SNS
https://lit.link/jiemei
https://twitter.com/jiemei_idol

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.06.13
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.06.12
ガルポ!ズ LIVE レポ