FEATURE

2023.03.31
BabBubble

彼氏が出来るのが先か、BabBubbleでワンマンが出来るまでに成長するのが先か…と言ってたら、ワンマンが先になりそうだね。 BabBubble インタビュー・1 

 "バブロック"をテーマに掲げ、活動中。完全セルフプロデュース ガールズバンドのBabBubble(ばぶばぶる)。結成から1年半、これまでの活動の集大成と、これからのBabBubbleが描く未来図を示そうと、4月27日に青山RizMで初のワンマン公演「1st ONEMAN LIVE 「BabBubble Carries On」」を催す。
 このたび、ワンマン公演に懸ける思いを、メンバーらが語ってくれた。


「自立した強さと可愛さを持ったガールズバンド」を求めていたから、これはピッタリだと思い、バンド名をそう決めました。

アー写


――BabBubbleが活動を始めたのが…。

ジーナ  初ライブが、2021年10月2日。あれから1年半ほどの月日が経ちました。

――結成の経緯も教えてください。

さきゃもん  以前に、わたしとジーナが同じバンドのメンバーとして活動。そのバンドの解散が決まったときに、「一緒に音楽活動を続けよう」「次は絶対に解散しないバンドを作ろう」と誓いあったのが始まりでした。
  先に2人でバンドのコンセプトを話しあい、バンド名もBabBubbleと決め、それらを提示する形で他のメンバーを募りました。そこで出会ったのがRayと(青柳)ナツヲでした。

青柳ナツヲ  ネットの中にはバンドマンどうしを結びつける出会い系サイトがあって、そこでマッチングしました。(笑)

――2人に決めた理由も教えてください。

さきゃもん  私たちが求める音楽を表現してくれるメンバーという前提があってのお話にはなりますけど。一番は、私たちの提示したコンセプトを理解し、それを大切に守ってくれるメンバーだったこと。

ジーナ 「見た目が可愛くて、強い音を放つ音楽をやりたい」「長く一緒にやっていけるパートナーになれる人」など、共に長く音楽活動を続けるうえで大切にしたい2人の気持ちを提示したところ、それに共鳴をしてくれたのが彼女たちでした。

さきゃもん  これまでバンド活動をしてきた中、人間関係を含めいろんなつらい経験をしてきました。だからこそ、「メンバーの脱退」など悲しい別れはどうしても避けたくて、最初から「一緒に成長しながら、ずっと長くやれるメンバー」を探していました。その条件にぴったりだったのがこの2人だと思って誘ったし、そのときに感じた思いは、今も間違いではなかったです。

青柳ナツヲ  ガールズバンドの場合、メンバーの出入りも激しいし、解散するのも早い印象がある。そうしたくない2人の気持ちに強く共感をしました。バンド名の由来もいいよね。

ジーナ  すぐに覚えてもらえるバンド名にしたかったのと、わたしが濁音から始まるバンド名にしたかったので、それをさきゃもんに話したんですね。そうしたら、さきゃもんがね。

さきゃもん  英語のスラングに、「魅力的な異性」という意味を持つ"Babe"という言葉があります。”Bubble”は、普通に読めば"泡"のこと。それを元に、「泡のように魅力的な女性」という思いと、ジーナが求めた濁音から始まるバンド名をということでBabBubbleと命名。「自立した強さと可愛さを持ったガールズバンド」を求めていたから、これはピッタリだと思い、そう決めました。

ジーナ  キャラクターもBubbyちゃんっていう、赤ちゃんみたいなキャラクターを使っているんですけど、わたしたちも一見バブバブしているように見せかけて、中身はみんな強いです。

Ray  とにもかくにも、個性の強いメンバーたちばかりがここには集まりました。それぞれ個性的で強烈な演奏をぶつけてきますけど。けっして「自分が、自分が」ではなく、それぞれの魅力を生かしたうえで、しっかり一つにまとまっている。その一体感は強く感じています。


けっして媚びることなく、世のガールズバンドに抗っている、その自立した姿勢がとにかく恰好いい。

ロゴ


――フロントマンとして、3人のメンバーの個性をどのように見ています?

Ray  メンバーみんな、卓越したテクニックがあるのを前提にした話にはなりますけど。ドラムのさきゃもんは、どのバンドのドラマーにも負けない強い音を叩きながらも、すごく安定したプレイをしてくれる。こんなに安心して歌えるドラマーはいないなと自分では感じています。それは、ベースのナツヲにも言えること。自分は、オリジナル曲を演奏する本格的なバンドはBabBubbleが初めてだから、3人に比べたら経験は浅いです。そんな自分でも安心や自信を持って歌えるのは、このリズム隊の存在があるからなのは間違いないこと。そのうえでナツヲは、癖の強い面白い子。ステージ映えのするプレイは、横で見ていて本当に恰好いいです。

さきゃもん  けっして媚びることなく、世のガールズバンドに抗っている、その自立した姿勢がナツヲはとにかく恰好いい。本当に唯一無二のベーシストだなと、一緒にリズムを支えていて感じています。

青柳ナツヲ  経済的には自立できてないけどね(笑)。

Ray  ジーナはいつもニコニコしながら、ものすごくテクニカルなプレイをしてゆく人。難しいフレーズの数々を、本当に楽しんで弾いているところは尊敬しています。リズム隊の力強い音に負けずどころか、より強烈に音を彩っているのがジーナのギター。それと、3人に共通して言えるのが性格の強さ。それが、各自のプレイにもしっかりと現れています。

青柳ナツヲ   みんな、我が強いからね。

ジーナ  そんな3人の個性を上手く調整し、まとめあげているのがRayなんですよ。我の強い3人の演奏陣を上手にまとめあげたうえで、横で演奏しながら聞き惚れてしまう歌を、Rayはいつも聞かせてくれる。中でもすごいのが、調整役と言ったように、3人の要望をしっかり取り入れたうえで、一つの強烈な個性にまとめあげてゆく。本格的なバンド経験が浅いとは言え、それを言わなければ、みんな「経験の深いヴォーカリスト」だと絶対に思うくらいの存在感を放っているからね。

さきゃもん  Rayは、とにかく華がある。3人ともステージの上で存在感を放とうと目立つプレイやパフォーマンスをしていますけど。でも、お客さんはかならずRayを見ている。それくらい、人を惹きつける魅力を持ったフロントマンです。


それが今、私たちが提示している"バブロック"というスタイルになります。

アー写


――誕生から1年半強の日々が流れました。ここまで順調に進んできています?

さきゃもん  メンバー間の信頼度は変わってないし、そこは安心も、安定もしていますけど。でも、ここへ至るまでにもいろいろとありました。結成時のBabBubbleにはもう一人メンバーがいました。ジーナが作った1曲以外すべての楽曲制作をその方に任せていたことから、バンドから離れるとなったときは、曲制作の面でピンチへ陥ったこともありました。そこから、わたしやナツヲが作曲を学べば、Rayが作詞を担当。ジーナ以外は未経験ながらも必死に創作を手がけたことが、結果的に、今のBabBubbleの新たな音楽性面での土台を作りあげることに繋がれば、先にあった音楽性も含め、バンドの表現の幅を広げる形にも繋がりました。それが今、私たちが提示している"バブロック"というスタイルになります。

青柳ナツヲ  ただし、完成したわけではなく、今もバブロックを進化させている過程。メンバーそれぞれの曲も増え続ければ、新曲が生まれるたびに、"らしさと新しさ"を感じている。今のスタイルを突き詰めれば、本当の意味で「これがバブロックです」と提示できるスタイルに繋がるなという手応えは感じてる。

ジーナ  怪我の功名じゃないけど。創作面も含め、いろいろ追い込まれる事態が発生するたび、「それを乗り越えなきゃ」と無理矢理頑張ったことが、結果的に個々のスキルアップに繋がれば、バンド自体も短期間で大きく成長させたなと実感しています。

青柳ナツヲ  以前から作曲はやってみたかったんですけど。そうせざるを得ない環境が生まれたことで、自分でも作曲をする楽しさを覚えられた面では、良い経験になりました。実際、深く音楽性へ関わることで、バンド活動はもちろん。自分の人生自体もより楽しくなったからね。自分の場合、1曲出来上がるたびに新しい彼氏と付き合う感覚なんですよ。

ジーナ  今まで、彼氏が出来たことないのにね(笑)。

青柳ナツヲ  これまで、リアルな彼氏が出来たことはないけど。今は、楽曲といういろんな彼氏を作っている感じがしています。

ジーナ  彼氏が出来るのが先か、BabBubbleでワンマンが出来るまでに成長するのが先か…と言ってたら、ワンマンが先になりそうだね。

青柳ナツヲ 今まで彼氏が出来たことがないんですよ。だから、メンバーには。「彼氏が出来るのが先か、BabBubbleでワンマンをやれるようになるのが先か。出来れば彼氏」と言っていたら、ワンマン公演が先になりそうです(笑)。

――彼氏は必要ですか?

青柳ナツヲ  わたしはエロいベーシストになりたいんですね。今の自分に欠けているのが、そのエロさ。よく彼氏が出来たら演奏も変わるというじゃないですか。だから自分も、人生経験として彼氏を作ってみたいんですよ。

――みなさん、今の自分にとってBabBubbleとはどんな存在になっているのでしょうか。

青柳ナツヲ  自分の生き甲斐ですね。今…

 

 (2回目へつづく)

 

44

 

 

 

TEXT:長澤智典

 

<インフォメーション>

★ワンマン情報★

2023.4.27(木)
青山RizM
1st ONEMAN LIVE 「BabBubble Carries On」
OPEN 19:00/START 19:30
前売り¥3500
MUEチケ(web販売)
https://r.funity.jp/babbubble_0427

その他のライブスケジュール
https://babbubble.aremond.net/schedule/

【MV】The Spirit Carries On / BabBubble
https://www.youtube.com/watch?v=M0_U3aWVZGQ

【MV】Kiss My Ass / BabBubble
https://www.youtube.com/watch?v=7I9thpk0bO8


SNS
https://babbubble.aremond.net/
https://twitter.com/babbubble_

Ray
https://twitter.com/0_Bubby

ジーナ
https://twitter.com/Gina_Bubby

青柳ナツヲ
https://twitter.com/natsuo_Bubby

さきゃもん
https://twitter.com/sakyamon_Bubby
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.06.21
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.06.18
ガルポ!ズ INTERVIEW