FEATURE

2022.05.19
ESTLINK☆

1stシングル『shooting star/Star Light』のC/W曲と、各メンバーのキャラクターを探ってみたら…。  ESTLINK☆ インタビュー・2

 5月31日に1stシングル『shooting star/Star Light』を3-TYPE発売するESTLINK☆。グループ名には、「光が小さくて見えない星(EST)も繋がり(LINK)合えば大きな光となる」という意味がある。
 ここでは、シングル『shooting star/Star Light』へ収録した楽曲の魅力を中心に、7人のキャラクターを2回に渡ってお届けしたい。

(1回目は、こちらから)


C/Wに収録した楽曲の魅力をメンバーに聞いてみたら…。


――1stシングルは、A/B/C-TYPEと3パターン発売になれば、それぞれに2曲ずつ異なるC/Wの楽曲を収録しています。みなさん、お勧めのC/W曲を教えてください。まずは、ゆなさんからお願いします。

天衣ゆな  わたしはC盤に収録している『シープクラウド』をお勧めしたいです。1stシングルはESTLINK☆としての作品なのに、『シープクラウド』だけわたしのソロ曲として収録しています。それは、本当にありがたいことだからこそ、すごく感謝の気持ちを持ちながら歌いました。
  わたしは小さい頃から歌うのが大好きで、アイドルになることを夢見ていました。その夢を、大人になって叶えることが出来ましたけど。でも、アイドルとしてのスタート地点に立ち、そこから新しい夢を追いかけていく中には、つらい経験や悲しいこともありましたし、これからもあると思います。その気持ちも携えたうえで、アイドルとしての大きな夢に向かって進み続ける。そんなわたしの、これまでやこれからの気持ちを詰め込んだのがバラード曲の『シープクラウド』になります。けっこう聞かせる歌だから、ぜひ耳にしてもらえたら嬉しいです。

――自分の気持ちを歌に残せるって…。

天衣ゆな  すごく嬉しいことだと思います。『シープクラウド』の歌詞は、わたしが心の中に抱いている気持ちを、プロデューサーへ素直に伝えたうえで書いてもらいました。ここには、切ない想いから力強い感情まで、いろんな天衣ゆなの想いを詰め込めたからこそ、ぜひ聞いてください。

――次は、りささんお願いします。

愛葉りさ わたしはA盤に入っている『White feather』をお勧めしたいです。ESTLINK☆が活動を始めたときから、『White feather』はずーっと歌い続けています。ファンの方々でも「『White feather』が好き」と言ってくださる方が多ければ、わたし自身も『White feather』を歌い踊っているとすごく楽しくなるからお気に入りの楽曲です。
  じつは、今回のCD盤へ収録するにあたり、プロデューサーに「落ちサビを一人で歌ってみないか」と言われ、初めて一人で歌う落ちサビに挑戦しました。今では、『White feather』の落ちサビをわたしが歌わせていただいているように、そこへ注目してほしいなと思います。

――みるさんのお勧めC/W曲はどれになります?

結城みる  わたしは、B盤に入っている『Let Me Know』のレコーディングが一番印象に残っています。わたしは、今年1月に新メンバーとして加入しました。じつは加入に当たって一番最初に歌や振りを覚えたのが『Let Me Know』でした。わたしは、デビュー前に一度だけステージに上げてもらい、1曲だけ歌った経験がありました。そのときに歌ったのも『Let Me Know』でした。この曲を歌い踊るたびに、初心を思い出させてくれる。それくらい思い出深い大好きな楽曲です。

――あむさんのお勧め曲は、どれになります?

海枝あむ  わたしも『Let Me Know』が一番のお気に入りです。この曲は、細かい音の変化に合わせてステップを踏むなど、ESTLINK☆の持ち曲の中、一番振りやダンス、フォーメーションの難しい曲です。だけど、ライブで「踊りたい」気持ちへ強く導いてくる曲調ですし、今でもライブでパフォーマンスしているときは、すごくウキウキしてきます。ただ、振りが難しいせいか、今でもたまに間違えれば、まだまだパフォーマンス面での伸びしろも感じています。『Let Me Know』は、歌詞もメロディーも耳に残りやすければ、ライブを重ねるごとパフォーマンス面でもっともっと成長や進化していける曲。だからこそ、これからも大事に歌い踊っていきたい楽曲です。

――続いては、ゆあさんかな。

桜木ゆあ  わたし、A盤に入っている『White feather』でセンターを担っています。わたしにとっての初センター曲だからこそ、すごく思い入れも深いです。センターポジションを任せられることって、わたしはなかなかないんですね。そのセンターを任された記念になった楽曲でもありますけど。このときの経験をきっかけに、これからもセンターを任せられる存在になれるようにという気持ちにもわたしを変えてくれました。今でも『White feather』をパフォーマンスするとき、センターに立った瞬間グッと気合が入ります。

――怜花さんは、どのC/W曲がお勧めですか?

奏怜花  わたしはB盤に収録した『午前0時のプリンセス』です。この楽曲は、わたしがセンターとして歌うために作っていただいた曲であり、普段のESTLINK☆の曲調とはちょっと異なる、可愛らしさを強く押し出した楽曲になっています。歌詞も、おとぎ話の世界にいるような感じだし、落ちサビもわたしが担当しています。『午前0時のプリンセス』はめちゃめちゃ可愛い歌ですけど。その中でも、歌詞の変化に合わせていろいろと歌い方の表情を変えているから、そこもぜひ楽しんでください。

――みうさんのお勧め曲も、お願いします。

横山みう  わたしは、A盤に入っている『DAY BREAK』です。この曲のサビで、上に手を伸ばしながら「超えていけ」と歌うんですけど。そこのポーズはみんなも真似しやすいと思うし、歌いながら気持ちも高まっていくはずです。この曲のパフォーマンスの途中に、腰を360度逸らすようにしながら踊る場面が出てきます。ファンの方々から「あそこの部分が格好いい」と言われれば、私たちも歌い踊っていて楽しいから、わたしは『DAY BREAK』をお勧めします。

天衣ゆな  そしてもう1曲、C盤のC/Wに収録した『∞〜インフィニティー〜』は、CD盤を通して初披露になる楽曲です。もしかしたら、リリース時期にはライブやインストアでも披露しているかもしれません。『∞〜インフィニティー〜』は、ESTLINK☆らしさの詰まった楽曲。披露したらみんなもきっと喜んでくれるはずだから、聴くのを楽しみにしていてください。


隣のメンバーの魅力を語っていただいたら…。 


――ESTLINK☆のメンバーは、みなさん個性的と伺いました。ぜひ、隣のメンバーを紹介してもらっても良いですか。まずは、みうさんから見た怜花さんからお願いします。

横山みう 怜花ちゃんは顔が大好きです。もう、ビジュアル面で完璧なアイドル。わたし、ESTLINK☆へ加入する前からtwitterを通して怜花ちゃんのことを「可愛いな」と思って見ていました。そうしたら、まさか同じグループに所属することになるとは…。今でこそ、普通に仲良しとしておしゃべりしていますけど。入ったばかり頃は、けっこう緊張していました(笑)。

――怜花さんから見た、ゆあさんはどうですか?

奏怜花 ゆあちゃんはめっちゃ面白い子。メンバー以外には言わないから知らない人がほとんどだと思うけど。けっこう面白い爆弾発言をしてくれます。

――それは毒舌という意味で?

奏怜花  いえ、毒舌ではないです。とにかく発言が面白いし、不思議な言葉も使います。ただ、あまりアイドルらしくない発言なんだよね。

桜木ゆあ  なんか、そうみたい。自分ではとくに面白い発言をしているつもりはないのですが、みんなが笑ってくれるからいいかなと思ってます。

奏怜花  あと、物真似も得意です。

――ゆあさんから見た、あむさんをお願いします。

桜木ゆあ  あむちゃんはグループのムードメイカー的な存在であり、太陽のような人です。あむちゃんがいるだけでみんながニコニコになれるように、ESTLINK☆には絶対に必要です。いっつも笑顔だよね。

奏怜花  しかも、いっつもフレンドリーなんです。

海枝あむ  嬉しいー!!

桜木ゆあ あむちゃんはいつも気を使ってくれるし、すごく優しいから、いつも感謝感謝です。

――続いては、あむさんから見たみるさんですね。

海枝あむ  みるみるは、本当に努力家。今年入ったばかりで、メンバーみんなへ一生懸命に追いつこうとしているのもあるけど。一人で積極的に自主練もしているように、努力家な面をみんなにも知ってもらいたいです。見た目はクルービューティー系で、ちょっとそっけなさそうに見えるけど。じつは、メンバーみんなに平等に優しく接してくれる、めちゃめちゃいい子。だから、わたしは大好きです。

――みるさんから見た、りささんはどんな人?

結城みる  りささんは優しくて、レベチで身体が細いんですよ。とにかく、スタイルがいいです。わたし、りささんのライブ中の動きも大好きなんですね。

りさ  えっ、どんな動きしてる??

結城みる りささんは体重が軽いから動きも軽やか。しかも細くて長い体型だから、動きがしゅっしゅしゅっしゅしています。あと、めっちゃギャルしていて、コミュ力も高い人です。わたしはコミュ障だから、集団でいてもしゃべらない性格だけど、りささんはわたしにもそうだし、いろんな人に積極的にしゃべりかけるから、そこは尊敬しています。

――りささんから見た、ゆなさんをお願いします。

愛葉りさ ゆなてんは、このメンバーの中で一番付き合いの長い子。この子は見た目も、実際の行動面でもすごくしっかりしています。ファンの方々からも「ゆなちゃんはしっかりしてるよね」とよく言われてますけど。じつはこの子、グループ内でも一番のおバカさん(笑)。でも、そこが好きなんですよね。根はめちゃめちゃ真面目なのに、たまに出てくる天然なところにおバカさんさを感じれば、そこが好きなところです。
 他にも、歌がめちゃくちゃ上手いのと、何度同じことを教えてと言っても、「前にも教えたでしょ」とは言わずに、毎回丁寧に教えてくれるんですね。そういう面でも、すごく頼りになる人です。

――ファンの人たちにおバカさん具合はバレてないんですか?

天衣ゆな  ずっと隠してはいますけど、わたしのファンたちの中では、そこの部分も気付いている人もいるんじゃないかとは思っています。

愛葉りさ  たまに変な発言をしたり、twitterに意味不明なことを書いてたりね(笑)。

――最期は、ゆなさんから見たみうさんにいきましょうか。

天衣ゆな  みうちゃんはけっこうネガティブ思考のある人。ときどき、一人落ち込んでしまいテンションが下がりぎみのときがあるから、そういうときは「支えてあげなきゃ」と思います。ファンの人たちをそれも察知しているようで、よく特典会で「今日、ゆなちゃん元気ないなぁ」とお話に行くファンの方も多いです。それくらい、ほっとけない子なんですよね。
  他にも、スポーツが得意で、メンバーで唯一バック転が出来るから、ブリッジ系の振りはみうちゃんに任せています。でも、一番の欠点が、自分もビジュアルがすごく良いのに、その良さに気付いてないこと。

横山みう  いやいやいや、その発言はいじめですよぉ。

天衣ゆな  そんな風に言ってしまうところも、みうちゃんの可愛さなんですけどね。

――みうさん、自己評価はだいぶ低い方?

横山みう  低いというか、自分に自信はないです。でも、アイドル活動を始めてからちょっとは自分に自信を持てるようになりました。昔は、もっとネガティブな性格でした。

天衣ゆな  その繊細な心がみうちゃんらしいし、そこが、彼女に惹かれるポイントだと思います。


1stワンマン公演で集めた人数の倍は集客できるようになるくらいに成長したい。


――最期に、ESTLINK☆の1年後、どうなっていたいですか?

奏怜花  結成から1年後に行った1stワンマン公演で、ESTLINK☆は400人以上の動員を記録することが出来ました。そこへ繋がったのも、どんなときだって現状に満足することなく、いつも「上を、上を」と目指して活動を続けてきたからだと思います。
  それを2周年目に目指すのか、1年後の目標にしていくのか…。今から1年後には、1stワンマン公演で集めた人数の倍は集客できるようになるくらいに成長したいので、今の気持ちを忘れることなく、これからも頑張り続けます。ぜひ、ESTLINK☆の応援をよろしくお願いいたします。


TEXT:長澤智典


 

<インフォメーション>


ESTLINK☆
1stシングル
『shooting star / Star Light 』
2022.5.31 On Sale

<価格>¥1,200(税込) <品番> QARF-60102〜4
販売元:コロムビア・マーケティング株式会社
発売元:株式会社ロックフィールド

 

収録項目
共通曲
『shooting star』
『Star Light』


JKT
TYPE-A
『DAY BREAK』『White feather』

JKT
TYPE-B
『Let Me Know』『午前0時のプリンセス』

JKT
TYPE-C
『∞〜インフィニティー〜』『シープクラウド』



エストリンク ESTLINK

アー写

estrella =星(スペイン語)小さな星は私たちが空を見上げた時に光が小さくて分からないけれど繋がり=link(英語)合えば大きな光になるという造語が由来となります。個性的かつルックスレベルが高く全員センターをはれるようなグループとなりますのでぜひついてきてください!


SNS
https://www.estlink2021.com/
https://twitter.com/estlink2021
https://www.youtube.com/channel/UC3zi8CfWS1Dbf22deXbwnFw

【MV】shooting star / ESTLINK☆
https://www.youtube.com/watch?v=22ZmttzLj84

【MV】Star Light / ESTLINK☆
https://www.youtube.com/watch?v=GFDkFFsN7DM

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.06.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.06.24
ガルポ!ズ INTERVIEW