FEATURE

2022.05.11
早坂七星

RiceShowerProjectに所属した早坂七星が5人のキャラクターを演じ分ける異色のプロジェクトを始動。「ほっこりして、大人が見てもちょっと胸が熱くなる、そんなコンテンツにしたいです」

2022年4月11日にRiceShowerProjectに所属した、ラップアイドルユニットRHYMEBERRYの元メンバー、早坂七星が5人のキャラクターを演じ分ける新しいプロジェクト「5人の七星」を始動した。5人のキャラクター設定は早坂が考案している。女優や声優など、活動の幅を広げる早坂。今度は歌い手としての活動の幅を広げたいと考え、歌い手ユニットのようなイメージでキャラクター5人の設定を考えたと話す。
今回は早坂七星の幼少期や、早坂が生み出した新しいプロジェクト「5人の七星」についてうかがった。


「5人の七星」が生まれたきっかけは……


――「5人の七星」のプロジェクトスタートおめでとうございます。まずは早坂さん自身についていろいろおうかがいしたいなと思っております。早坂さんは動画やラジオ配信など、声を使ったお仕事を中心に活動されていらっしゃいますが、声を使ったお仕事をしたいと思ったのはいつ頃からでしょうか?

早坂七星 小学生の頃からアニメが好きだったこともあり、声の仕事に憧れてこういう世界に入りました。その後にアイドルにも憧れて、アイドルと同時進行で声優の活動をおこなっていたこともありますが、今はアイドルは卒業して声優一本でやってます。


――アニメはどんな作品がお好きだったんですか?

早坂七星 当時好きだったのは「らき☆すた」とか、「涼宮ハルヒの憂鬱」とか、「銀魂」です。小学生の頃は3人ぐらいで集まってみんなで漫画を持ち寄って、キャラクターを振り分けてモノマネをする遊びをしてました。私は「らき☆すた」の主役のこなたちゃんとか「涼宮ハルヒの憂鬱」の主役のハルヒちゃんのモノマネをして遊ぶことが多かったです。あとは「銀魂」だったら、神楽ちゃんのモノマネもしてました。
同じ趣味の子は少なかったんですけど、そういう子を一生懸命集めて遊んでましたね。


――声の仕事をするきっかけはアニメだったんですね

早坂七星 最初から「声優になるぞ」と決意してたわけではなかったんです。本格的に声優を目指したきっかけは、専門学校での体験でした。アフレコ体験ができると聞いて学校に見学をしに行ったんです。そのときに藤原啓治さんという人気声優さんがいらっしゃったんですけど、その方が横でお芝居されて、そのお芝居するようすを見たことがきっかけでした。藤原さんのお芝居を見て、「私も声優になりたい」と思ったんです。


――YouTubeに投稿してる動画からも、さまざまなキャラクターを演じ分ける早坂さんの演技力がうかがえます。声のお仕事をしている早坂さんだからこそ感じる、声で演技をする難しさについてうかがいたいです。

早坂七星 いろんなキャラクターに合わせて、表面的な声は変えられるけど、声だけでその人の人生まで語らなきゃいけない、そういう側面に難しさを感じます。声色を変えるだけならできるけど、ガラッと変えるというか、そのキャラクターを憑依させるような、そういう演技をしなくちゃいけないので。それぞれのキャラにどんどん自分が変わっていく、むしろ染まっていくことが必要なんですが、そこに時間がかかることも多くて、「声のお仕事って難しいな」と感じます。そうやってキャラクターに自分を染めていく技術を会得した上で、私の演技を聞いたお客さんの心を揺り動かすような演技をするのはまた一段と難しいことですよね。


――例えば20才のキャラクターだったら、彼の生きてきた20年間をイメージされたりするんでしょうか?

早坂七星 そうですね。相手からいただけるキャラの情報は限られているので、そのキャラの絵を見て、「こういうことがあったから、こういう顔つきでこういう喋り方をしてるんだろうな」とか、「だからこう考えるんだろうな」ってキャラクターの内面についてイメージしたり、考えたりしています。そのキャラクターを掘り下げるようなイメージですね。


――早坂さんがそのキャラクターを作り上げる部分もあるんですね。とてもやりがいのあるお仕事なのだとあらためて思いました。

早坂七星 声優さんは皆さん、そうやってやってるんじゃないかなと思います。
やりがいはとてもあります。もう楽しい、ただ楽しいですね。大変ですけども(笑)


――これまでのお仕事で一番大変だったと感じたお仕事はありますか?

早坂七星 講談師の役ですね。講談をしたことがなかったので、講談師さんの動画をひたすらYouTubeで見て、練習した覚えがあります。喋り方の癖を再現するのが本当に大変でしたし、実際何回も撮り直ししたぐらい難しかったです。


――本当にさまざまな役をやってらっしゃったんですね。
声のお仕事について以外にも、事務所所属についてもうかがいたいと思っていました。早坂さんは最近RiceShowerProjectさんに所属されたとうかがいました。RiceShowerProjectさんへの所属はどんなことがきっかけだったのでしょうか?

早坂七星 17LIVEでライバーをしているんですが、配信をしていたときに「こなもん」さんという、歌手活動をしてらっしゃる方が視聴者として遊びに来てくれたんです。それから意気投合して、「私が入った事務所はこんなところだよ」って事務所を紹介してくださって、その紹介をきっかけに社長さんとお話することになりました。実際に社長さんとお話をしたらすぐに今回のプロジェクトに関するお話をさせてもらえて、私に「キャラクターを演じ分けたら面白いんじゃないか」と言ってくださったんですね。こういう素敵なプロジェクトのお話がでてきたこともあって、RiceShowerProjectさんに入ろうと思いました。


――「5人の七星」という企画はユニークで新しいプロジェクトだなと個人的に感じていたのですが、こういうプロジェクトができる環境がRiceShowerProjectさんでは整っているということでしょうか?

早坂七星 そうですね。社長さんとお話していくうちに、「実現できそうだな」って感じられましたし、「ここで一緒にこのプロジェクトを作っていけたらいいな」と思えました。この事務所に所属したのはそういう気持ちの部分が大きいです。私一人じゃ難しいことも、ここならできると確信してます。


――完成するのが私も本当に楽しみです。ちなみに「5人の七星」はアニメとして作られるのでしょうか?

早坂七星 最終的にはそうしたいなって思ってます。今のところわからないけど、将来的にアニメになったら最高ですね。最初はイラストから始まると思うんですが、言うのは自由なので、やりたいことは積極的に言葉にしていきたいと思っています(笑)


――私も、ななちぇちゃんを始めとしたキャラクターの設定を見て、かわいくて面白いアニメになるだろうなとイメージができてたので、ぜひみんなが動く様子が見たいなと思ってます。

早坂七星 嬉しいです。実は、このプロジェクトを企画したきっかけは、私が歌い手としての活動の幅を広げたいと思ったことにあるんです。元々声優として活動していた経験があるので、一人でもいろんな声を使い分けて演じることができるし、その技術を生かしたいなと思っていました。そんなときに社長と出会って事務所に入らせてもらえることになりました。せっかく事務所に入ったので、何か新しいことをしたいなと思っています。だから「5人の七星」ではいろんなキャラクターを演じ分けて、演技力のスキルも身につけながら私自身が楽しめる新しいコンテンツとして世の中に出していけたらなと思っています。ちなみに「5人の七星」は、最初は3人のキャラクターで行こうと思っていたんですが、社長と話していて、「いや5人ぐらい、いないと」という話になって「5人の七星」というタイトルに落ち着いたんです。5人のキャラクターを演じ分けるのは大変だと思うんですが、覚悟を決めました(笑)


――今回のプロジェクトは早坂さんにとってはやりたいことでもあるし、挑戦的な部分も大きいんですね。

早坂七星 はい。


――複数のキャラクターを演じ分けるという経験も積み上げていきたいということですね。そのキャラクターにおいて、今はメンヘラや脱力系という設定が盛り込まれていますが、こうした設定になっているのは何か理由があるのでしょうか?

早坂七星 全く違うキャラクターが良かったんです。ゆるゆるのアニメも基本的には4人か5人のメインキャラクターがいてストーリーが進みます。みんな個性がバラバラ。そんな子たちが一緒にいるのが面白いと思うんです。5人の設定はバラバラですが、どれも私自身が演じてみたいなと思えるキャラクター、それから挑戦したいと思ったキャラクターをイメージしています。「この子がこの曲を歌ったら面白いかな」と歌を歌うときのようすも考えながら設定作りをおこないました。
裏話みたいになりますが、実は最初の設定では、ななちぇ以外は猫だったんです。ななちぇが4匹の猫を保護してそこから始まるストーリーを描いていく予定だったのですが、最終的に5人とも人間という設定に落ち着きました。今はそのあたりは調整中です。どちらにしても、5人のキャラクターがお互いに化学反応を起こすようなストーリーにしたいなと思っています。


――例えば、ななちぇちゃんだったら脱力やる気ないロリという設定でしたが、早坂さんのなかで、ロリという設定は大事だったんですか?

早坂七星 ロリ大事です!なんなら全員ロリにしたかったんです。私自身が4等身のキャラクターが大好きなので、ロリ設定は重要視しています。私がロリを演じるのが好きというのも一つの理由です。このプロジェクトは私の好きを詰め込んだ感じですね。ただ今回は、見た目のバランスを考えて全員をロリ設定にするのはやめてしまいましたが(笑)


――早坂さんの夢が詰まってるんですね。

早坂七星 私の夢も詰まってるんですが、見る人も好きになってくれるんじゃないかなと思っています。「これ絶対みんな好きだよ!」「みんな好きでしょ?どうよ」みたいな気持ちで作っています(笑)


――キャラクターでいうと、愛ちゃんは「狂気メンヘラ」という設定で、ストーリーをかき乱す役柄になりそうですが、早坂さんのなかではどんな子になるとお考えですか?

早坂七星 私の好きな曲とか、好きな性格のなかに、愛ちゃんみたいな子がいるし、私が好きな歌のなかに愛ちゃんが歌いそうな歌があるんです。愛に歌わせたい曲があるんですね。だから愛ちゃんというキャラクターは必要だなと思いました。なにより私自身メンヘラキャラが好きなんです。愛ちゃんみたいな子がいることで、5人のバランスが整うのかなとも思っています。


――話が進んでいったら、愛ちゃんが歌を歌うタイミングも出てくるかもしれないということですね。

早坂七星 はい。一応全員歌を歌う予定なんです。「5人の七星」に出てくるキャラクターは歌い手ユニットのようなイメージで考えてます。
例えばボカロの曲をカバーしたり、歌手活動みたいなアーティスト活動みたいなことを各キャラクターで、もしくは全員でやったり、いろんな歌に関わる活動をしたいなと思っています。5人それぞれに、歌う理由もあるんです。例えばななちぇのために歌ってる子もいるし、自分の気持ちがうまく喋れないから、歌で表現する子もいます。


――歌にもメッセージが込められているんですね。この「5人の七星」というプロジェクトですが、どんな雰囲気のコンテンツになるのでしょうか?

早坂七星 私自身は、ほっこりして、大人が見てもちょっと胸が熱くなって、でもパッと見かわいいって思えるものにしたいなと思っています。この5人のことを応援したいって思ってもらえたらとても嬉しいです。


――それから今回の「5人の七星」ではキャラクターのイラストなどを公募で募集しているとうかがいました。イラストの雰囲気に求めるものはどんなものですか?

早坂七星 「こういうテイストがいい」というのは決めていません。逆にあまりがっちり決めてないからこそ、いろんなイラストレーターさんの個性的な絵を拝見できると思っています。「こういうのもありだよね」「ああいうのもありだよね」っていろんなイラストレーターさんの絵を拝見して、話し合っていきたいなと思っています。イラストレーターさんには、「こんな感じにしなきゃ」と縛りを設けず、ご自身の世界観を表現してもらいたいです。
ぜひみなさん、ふるってご応募していただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。


TEXT:高橋未瑠来


スナップ

 

<インフォメーション>


RiceShowerProject オフィシャルサイト
https://riceshower.info


早坂七星SNS
https://www.youtube.com/channel/UCV1OyPTKTg9BhohkkXyQjjQ
https://twitter.com/chaossu_07?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
https://www.instagram.com/chaossu_07/


「5人の七星」のキャラクターの設定は出来上がっており、その「キャラクターの絵」を“キャラクター絵/公式イラストレーター募集企画“として広く一般から募集している。

■キャラクターの設定

ななちぇ
脱力やるきないロリ
イメージカラー:白
すきなもの : お酒、おつまみ、海月
身につけているもの : 海月の髪飾り
髪型:ボブ

甘音ぺち(あまね)
ぶりっ子誰が見ても可愛いロリ
イメージカラー:黄色×白
すきなもの : もふもふした動物、ホラー、オムライス
身につけているもの : でっかいリュック
髪型:ロングハーフツイン

塩宮れい
クールの恥ずかしがり屋
イメージカラー:水色×黒
すきなもの : クリームソーダ、本、海辺
身につけているもの : マスク
髪型:ショート

星衣あい
頭おかしい狂気メンヘラ
イメージカラー:赤色×ピンク
すきなもの : あいのことをすきな人、狭いところ
身につけているもの : 首輪
髪型:セミロング

南海まな
色気がものすごいまったりお姉さん
イメージカラー:紫×白
すきなもの : お風呂、美容グッズ、女の子
身につけているもの : ガーターベルト
髪型:ロング


■「5人の七星」のキャラクター絵/公式イラストレーター募集企画要項はこちら

〈募集要項〉
RiceShower所属の早坂七星の新しいコンセプト「5人の七星」のキャラクター絵/公式イラストレーターを募集いたします。応募する5人のキャラクターは以下の通りです。

〈提出方法〉
下記規格にてご投稿ください。
・ファイルサイズ:2MB以内
・形式:pngまたはjpg推奨

※1名のイメージイラストから応募可能です。
※応募の際にラフのみ送って頂きます。正式に採用し清書をご依頼する際に改めて解像度などをお伝えいたします。お気軽にご応募下さい。
※描き下ろし限定です。

〈応募方法〉
下記フォームよりご連絡ください。
https://forms.gle/iBSLohdySr8YK7RR6

〈参加資格〉
不問

〈納品物の著作権について〉
特賞など入賞作品の著作権に関する権利(著作権法27条および28条に規定する権利を含む)は主催者に帰属します。

〈期限〉
2022年5月末日

〈結果発表〉
開催終了後、数週間以内に採用のイラストレーターの方にご連絡いたします。

〈その他〉
・一般に出回っているキャラクターや人物の著作権・肖像権等、第三者の権利を侵害する描写は一切禁止といたします。
・二次創作作品は審査の対象外となります。
・採用させていただいたイラストレーターの方に正式発注させていただきます。
・ドメイン指定受信の設定をされているかたはriceshower.infoのドメイン解除をお願いいたします。

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.06.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.06.24
ガルポ!ズ INTERVIEW