FEATURE

2022.11.07
風男塾

仮装姿の7人が、指令を元に繰り広げたジャンケン大会。その後に待ち受けていたのは…。  「風男塾 ハロウィンパーティー2022 ハロー!ハロウィン~Hello Hello Win!~」 公演レポート。

 風男塾が、毎年恒例となったHALLOWEEN PARTYを開催。今年は、10月29日に渋谷ストリームホールを舞台に「風男塾 ハロウィンパーティー2022 ハロー!ハロウィン~Hello Hello Win!~」と題して催した。ここでは、第一部の模様をお伝えしよう。

 この日はHALLOWEEN PARTYという理由もあり、会場に足を運んだ風王(ファン)たちの多くが仮装した姿。メンバーらと一緒に、同じハロウィン気分を楽しもうとする気持ちが嬉しい。  
  「今年のハロウィンは先が読めないガチンコ勝負」。ライブは、そう告げる映像から幕を開けた。仮装姿のメンバーたちが最初に歌ったのが、ハロウィンナンバーの『T・O・T︕〜Vivid Men〜』。いつも華やかな舞台の上だが、この日は華やかさへ妖しい香りが加わっていた。誰を…ではなく、メンバー全員の動きを追いかけたくなるばかりに、視線があちこちに忙しく動いていた。見逃せない、見逃したくない場面ばかりが目の前に広がる。今日は、目線がずっと忙しそうだ。

  この日、葉崎アランは「キングダムハーツ」のソラに。英城凛空は、「僕のヒーロハーアカデミア」の爆豪勝己に。柚希関汰は、「プリンス・チャーミング」のチャーミング王子に。凰紫丈源は、マイケル・ジャクソンならぬマイケル・ジョーゲンに。赤星良宗は、伊達政宗に。胡桃沢鼓太郎は、オビワンケノビならぬオビワンコタロウに。天堂太陽は、「猫の恩返し」の猫の男爵バロンに仮装をして登場。
  今回は、「それぞれが思うイケメン」をテーマに仮装。ライブは、最初にメンバーみんなで、じゃんけん大会を実施。勝ち抜いた人が、曲毎に与えられた課題(美味しい見せ場)を担当する形で進められた。

  見ている人たちにルールを説明しようと、「じゃんけんで勝った人が、『イノセント・ラバー』の冒頭の総セリフを担当」という出された課題を、観客たちの前で実施。ここでは、決勝じゃんけんで天堂太陽を制した葉崎アランが勝ち抜き、セリフパートをクールに伝え、この形でライブが進んでいくことを説明。さぁ、本番は、ここからだ。


  『男装レボリューション』の全セリフを総取り取りしたのが、決勝のじゃんけんで葉崎アランを制した天堂太陽。クールにセリフを述べるが、可愛い恰好をしていたことから、そのギャップも魅力になっていた。パワフルな楽曲に合わせ、メンバーたちが凛々しく歌声やパフォーマンスを響かせる。天堂太陽がクールにセリフを述べるたび,ハートをズキュンと射抜かれていた人たちも多かったに違いない。

  『チェンメン天国』の全セリフを総取りしたのが、胡桃沢鼓太郎。決勝に残ったのが、天堂太陽と胡桃沢鼓太郎だったことから、ここは天堂太陽が胡桃沢鼓太郎へ譲る形に。今にして思えば、それも天堂太陽の戦略だったのか?!セリフを総取りして喜ぶ胡桃沢鼓太郎だったが、いざ楽曲を歌いだしたら、とにかくセリフの数がハンパなく多い。しかも、メンバーそれぞれが個性を活かして口にしていたセリフの口調に近づけようと胡桃沢鼓太郎は奮闘。最初は、明るく爽やかな空気を振りまいていたはずが、休む間もなくセリフが続くことから、後半へ進むにしたがい必死に、「君のことが好きだ」「今夜は好きなだけ甘えろや」など、明るくセリフを伝える微笑ましい姿に、風王たちも惹かれていた。「俺と結婚してください」のセリフもハートを撃ち抜き、「愛してる」のセリフを7人分一人でこなし必死に愛を告白。ホント、お疲れさまでした。

  『Hello Hello』のラップを総取りしたのが、決勝のじゃんけんで胡桃沢鼓太郎を制した赤星良宗。この曲でメンバーたちは、軽やかにステップ踏みながら歌唱。『Hello Hello』に触れていると、心の中へ明るい輝きが次々と降り注ぎ、心が笑顔で満たされてゆく。フロアでも、手にしたペンライトを振りながらはしゃいでいた風王たちもたくさんいた。ラップパートでは、赤星良宗が力強く言葉をぶつける姿も印象的だった。実はこのセリフパート、胡桃沢鼓太郎が力を入れて練習していたことから、自ら担当したかったらしい。

  『草食ライオン』の全セリフを総取りしたのが、決勝のじゃんけんで葉崎アランを制した天堂太陽。この曲でも明るい曲調に乗せ、メンバーたちが、この空間に"楽しい"空気を作りあげていた。メンバーらと観客たちが同じ振りをして楽しむ場面が、とても微笑ましい。天堂太陽の凛々しいセリフに、メンバーたちが「オー!!」と声を返してゆく。一部、セリフが怪しくなった部分がありつつも、天堂太陽はしっかりと雄々しい言葉でセリフの数々を述べていた。

  『瞬間到来フューチャー』のソロダンスを総取りしたのが、決勝のじゃんけんで天堂太陽を制したのが胡桃沢鼓太郎。パワフルな楽曲の上で、胡桃沢鼓太郎が雄々しくセリフを言う姿も嬉しいインパクトだ。ダンスロックナンバーの上で、メンバーたちがパワフルでダイナミックな姿を見せる。そんな凛々しさとは裏腹に、いつもホワホワとしている胡桃沢鼓太郎らしく、この曲では胸をキュンキュンさせるチャーミングなダンスソロを披露。客席からら微笑ましい笑い声が起きるくらい、可愛らしさでみんなのハートを奪っていった。

  ミステリアスてドラマチックな始まりが恰好いい。『NOIR〜ノワール〜』のセリフ&側転&最後のターンを総取りしたのが、決勝のじゃんけんで天堂太陽を制した葉崎アラン。そこで見せた側転を含むダンスやセリフが、だいぶコミカル?!本人は至って真面目なのだが、結果的に、クールで凛々しい楽曲へまったく逆の色を与えていた。中でも側転は、「えっ??」と口が開きっぱなしになるほどの笑撃。いや、衝撃だった。『NOIR~ノワール~』の持つスリリングかつドラマチックな楽曲に相応しい色を描き出そうとするのだが、最後のターンで本人はビシッと決めていたつもりだったが、フロアは、恰好いいよりも、微笑ましさにエールを送るような表情をみんなが浮かべていた。そんな葉崎アランの意外にコミカルな姿を見られたのも嬉しかった。

 最後は、それぞれが歌いたい曲をセレクト。胡桃沢鼓太郎は『NOIR〜ノワール〜』を、柚希関汰は『RIKHISHI-MAN』を、赤星良宗は『sunny』を、葉崎アランは『Diamond Heart』を、英城凛空は『無敵︕夏休み』を、凰紫丈源は『Love Spider』を、天堂太陽は『新たなる幕開けのための幕開けによる狂詩曲~キミがいればオレたちも笑顔∞~』をリクエスト。その対決を繰り広げる中、決勝のじゃんけんで英城凛空を制したのが天堂太陽。最後に風男塾は、熱情した想いを胸に『新たなる幕開けのための幕開けによる狂詩曲~キミがいればオレたちも笑顔∞~』を力強く歌唱。途中から楽曲は、明るく転調。太陽のような明るい日射しと熱を振り注ぎ、会場にいた人たちみんなを巻き込み、楽しくHALLOWEEN PARTYの幕を閉じていった。パフォーマンス中、凰紫丈源がさりげなくマイケルダンスも加えていたところも、密かな見どころだった。葉崎アランも胡桃沢鼓太郎も強かったが、天堂太陽は本当にじゃんけんが強すぎる!!!!!!!

 アンコールで風男塾は、この会場に鮮やかな七色の歌の虹をかけるように『LIKE A RAINBOW』を歌ってくれた。葉崎アランの口上の声も勇ましい。舞台の上の7人は、それぞれプレッシャーから解き放された安心もあったのか、本当に伸び伸びと歌い踊っていた。その暖かい空気へ足を運んだ風王たちも飛び込み、一緒にこの会場へカラフルな夢の虹の架け橋を作り上げていった。

  次は、12月のクリスマスライブツアー。次回より、3年ぶりに声出しが解禁になる。12月の公演では、思いきり声を張り上げてはっちゃけようか。


TEXT:長澤智典

<インフォメーション>

-セットリスト-
『T・O・T︕〜Vivid Men〜』
『男装レボリューション』
『チェンメン天国』
『Hello Hello』
『草食ライオン』
『瞬間到来フューチャー』
『NOIR〜ノワール〜』
『新たなる幕開けのための幕開けによる狂詩曲~キミがいればオレたちも笑顔∞~』をリクエスト。その対決を繰り広げる中、決勝のじゃんけんで英城凛空を制したのが天堂太陽。最後に風男塾は、熱情した想いを胸に『新たなる幕開けのための幕開けによる狂詩曲~キミがいればオレたちも笑顔∞~』
-ENCORE-
『LIKE A RAINBOW』

<商品情報>
ニューシングル「Baby U」
発売日:2022年12月14日(水)

■初回限定盤A
TECI-913 /価格 ¥1,580(税抜価格 ¥1,436) / シングルCD+DVD
DVD:TEBI-15687
CD収録内容: M1 Baby U M2勝つんだ!(パンクVer.)
DVD収録内容:MUSIC VIDEO+メイキング映像

■初回限定盤B
TECI-914 / 価格¥1,580(税抜価格 ¥1,436) / シングルCD+DVD
DVD:TEBI-15688
CD収録内容(予定): M1 Baby U M2勝つんだ!(パンクVer.)
DVD収録内容:特典映像予定

■通常盤
TECI-915 / 定価:¥1,100(税抜価格 ¥1,000) / シングルCD
CD収録内容(予定): M1 Baby U M2勝つんだ!(Punk Ver.)、M3未定
+上記3曲Instrumental

<ライブ・イベント情報>
風男塾クリスマスライブ2022~No Silent Night~
■12月10日(土)兵庫/ 神戸ハーバースタジオ
【1部】開場 12:00/ 開演 12:30
【2部】開場 16:30/ 開演 17:00
(問) サウンドクリエーター 06-6357-4400

■12月11日(日)愛知/ 伏見ライオンシアター
【1部】開場 12:00/ 開演 12:30
【2部】開場 16:30/ 開演 17:00
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

■12月25日(日)東京/ 渋谷ストリームホール
【1部】開場 12:00/ 開演 12:30
【2部】開場 16:30/ 開演 17:00
(問)サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

他イベントスケジュール等、詳しくはHPをご確認ください。

【infomation】
オフィシャルサイト http://nfs724.com
オフィシャルTwitter https://twitter.com/fudan_juku

テイチクエンタテインメント
https://www.teichiku.co.jp/artist/fu-danjuku/

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2023.01.27
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2023.01.26
ガルポ!ズ INTERVIEW