FEATURE

2023.06.27
Baby'z Breath

Baby'z Breathとして活動を始めたことで、「憧れや夢だけで終わらせない」と考えるようになりました。 Baby'z Breath インタビュー・2

 5月13日にライブデビューを果たしたBaby'z Breath。5月21日に行った「お披露目単独公演」はSold Outを記録。早くも勢いをつけて駆けだしたBaby'z Breath。デビューからちょうど1か月後、メンバーをチャッチ。Baby'z Breathの魅力について伺った(猫音シシィは欠席)。

 (1回目は、こちらから) 

 

お披露目公演のときにお客さんたちの顔を観たときは、「ここまで頑張ってきて本当に良かったなぁ」と思えました。


――デビューライブを迎えるまでの日々の中、いろんなこともありました?

天彩レイ  いろんなことがありました。腰を痛めたメンバーや、足を怪我したメンバーもいれば、わたしも体調を崩してレッスンをお休みしたこともありました。でも、お披露目公演へ向けて頑張っているみんなの姿を見ていると、「わたしも頑張ろう」となり、レッスン期間を通してちょっとかも知れないけど自分が変われたなとも感じてきました。

瀬戸山さくら  それぞれに怪我や体調を崩すこともあったけど。みんな気持ちが真っ直ぐだから、それが良かったなと思います。

明日海まりん  お披露目公演のときにお客さんたちの顔を観たときは、「ここまで頑張ってきて本当に良かったなぁ」と思えました。

天彩レイ  本当にそうだったよね。お披露目ライブをやりながら、わたし「このために練習してきたんだ」と思えていたし、あの瞬間瞬間が幸せで感動的でした。

――美和さんやいちごさんも、グループが変われば新鮮さもあったのでしょうか?

熊本美和 ありました。みんな歴の違いはいろいろとあるし、わたしといちごは途中加入だけど。みんなで本当に1から作りあげてきたグループだからこそ、一つ一つの行動が本当に新鮮です。Baby'z Breathでは、イケてるハーツの楽曲もカバー歌唱しています。わたしといちごは過去に歌ってきた曲たちですけど。メンバーが異なるだけで、同じ曲に感じないというか、そこでも新鮮な気持ちで毎回のライブに向かえています。

南いちご  イケてるハーツの頃なんて、わたしだけ未経験者でいつも怒られてばかりいたんですけど。逆に今は、経験を買っていただいているせいか、教える立場にもなっています。前も曲のことを理解していたつもりでしたけど。教える立場になったからこそ、「この曲はこういう意味や思いを持った歌だから、こういう解釈で教えよう」となって、一つ一つの楽曲のことを、より深く知ろうという気持ちが強くなっています。


わたし、めちゃめちゃ頭を使うようになったと思います。


――Baby'z Breathとして活動を始めたことで、どんな風に心境に変化や成長が出てきているのか。それも教えてください。ふたたび、美和さんからいきましょうか。

熊本美和  また1からのスタートということで、気持ちをリフレッシュさせて望めたことが一つ。Baby'z Breathにはリーダーがいなければ、わたしがまとめ役というわけでもないのですが、何かあったときわたしが率先してグループを引っ張っていかなきゃという気持ちを持つようになったのも、成長の証だと思っています。
  以前は先輩へついていく立場だったけど、今はみんなを引っ張ってゆく存在になっていたいというか、しっかりしたいなと思う気持ちが強くなりました。そう思えてきたのも、グループ全体として行動をするときや、みんなの意見をまとめあげるときに、(運営の方が)わたしといちごに任せていただくことが多いから、自然にそういう気持ちになってきたのかなとも思っています。

――続いては、まいかさんかな。

花宮まいか  わたし、めちゃめちゃ頭を使うようになったと思います。というのも、以前の活動では、言われたことをやることが多くありました。MCでも、あらかじめ言うことが決まっていて、一言一致間違えずにではないですが、そこに沿った形でしゃべることが当たり前でした。だけどBaby'z Breathでは、ライブのMCも、ラジオ番組へ出演してのトークも、しゃべる内容は各自に任されているように、自分の言葉を通して伝えています。そのぶん、発言する言葉についていろいろと考えることが増えました。それにBaby'z Breathの場合、その日、その場の状況にあわせて舞台の上での立ち位置や歌割りが変わることもあるから、そこでも臨機応変に対応していけるようにと考えることは多くなりました。他にも、「どういう風にしたら、このグループが良くなるんだろう」「どうやったらグループの魅力を伝えられるのか」を考えるようになったことで、自分の立ち振る舞いにも変化が出ています。でも一番は、頭を使うことが多くなったということです。

――自分の思いを伝えていける環境って、いいですよね。

花宮まいか  絶対にそのほうがいいなと思います。自分の思い、考えていることを表に出すことによって、自分でも気付かなかったことに気付くことも増えてきたし、より自分自身のこともわかってきたから、今後も自分の意志や考えをどんどん発信していきたいなと思っています。

――レイさんの中に、どんな心境の変化が生まれてきています?

天彩レイ  自分の中で一番変わったのが、「これでいいや」という意識がどんどん無くなってきたことです。以前は何処か、「このくらい出来ていれば」と自分で勝手に納得していることもありました。だけどBaby'z Breathとして活動をしていく中、振りの部分での細かい動きも多く、それをみんなで綺麗に揃えたときに舞台の上で本当に綺麗に映えるんですね。その表現の美しさを知って以降、苦手な部分から逃げるのではなく、それを克服していこうと思うようになり、何事においても「これでいいよ」と妥協を無くすよう努力をするようになりました。
  実際、細かい動きまでみんなで揃えることがグループためにもなれば、観てくださるお客さんたちも、より幸せな気持ちになれる。今は、「自分のため」よりも、「メンバーみんなやグループのため」「お客さんたちのために」という意識になり、何事も、そこを第一に考えるようになりました。そこの変化は大きいなと思います。

――いちごさんは、どうですか?

南いちご  以前の活動では、MC中、しゃべっても告知くらいで、本当にしゃべる機会が少なかったと思います。だけど今は、曲振りから曲中で煽り、セリフを言うなど、お客さんたちを盛り上げるために、場を沸かせる発言を積極的に行うようになりました。Baby'z Breathではそういう役割をいただくことも増えてきたから、いつもライブでの盛り上げ方や、そのきっかけとなる言葉を考えて、セリフ一つで場の空気が変わることもあるからこそ、そういうことも積極的に考えるようになった自分がいます。
  そうなれたのも、以前は自分のことでいっぱいいっぱいだったのが、今は、ある程度心に余裕を持てるようになれたことも大きいんだと思います。実際ライブ中にも、全体を見渡したうえで行動出来るようになったのも、大きな変化や成長だと思います。

――心の成長を、自分でも感じているところがいいですよね。

南いちご  それこそ、ダンス面での細かい動き一つを取っても、以前は、いくら動画を見ても違いがわからず、教えていただいて初めて気付くような状態でした。だけど今は、動画を見て、すぐに細かい動きの違いへ気付けるようにもなり、その動きを教える立場にもなったことで、心に余裕を持てたといいますか、Baby'z Breathの活動を通して、気持ちを広く持てるように成長できているんだと思います。そのぶん失敗も出来ないなという気持ちも強くなってきたように、以前にも増して、歌もダンスも、もっともっと上手くならなきゃという気持ちも強くなりました。


夢は叶えても終わりじゃなく、ずっと追いかけ続けていくもの。


――続いて、まりんさんですね。

明日海まりん  Baby'z Breathとして活動を始めたことで、「憧れや夢だけで終わらせない」と考えるようになったという気持ちの変化がありました。というのも、わたしはずっとアイドルになるためのオーディションを何百回も受け続けてきました。でも、ズーッと合格することはなく、アイドルとしてステージに立ちたい夢を持ちながらも,それを叶えられない日々が何年も続きました。その夢を叶えられた嬉しさがあります。アイドルになる夢が叶ったからこそ、今は「このグループを大きくしていくためには、どうしたら良いのか」と考えることが増えたし、そのためにやるべきことも増えています。つまり、夢は叶えても終わりじゃなく、ずっと追いかけ続けていくもの。そういう風に気持ちが変わってきたなと思います。

――Baby'z Breathとして活動を始めたことで、叶えたい夢はどんどん増え続けています?

明日海まりん  どんどん増えています。わたし、自分が叶えたいことをノートに箇条書きにしています。そのうえで、叶えた夢や目標には次々とチェックを入れてゆくんですけど。個人の目標も含め、デビュー前に30個ほど掲げた目標を、1か月経った今、10個近くはチェックを入れられるまで叶えてきました。これからも、叶えたい目標を書き足して、チェック数も増やしていきたいと思っています。そのためには自分自身はもちろん、グループとしてもっともっと頑張らなきゃいけないからこそ、一つ達成したからといって満足することなく、これからも努力を重ねながら進み続けていきたいなと思っています。

――さくらさんには、どんな変化が生まれています?

瀬戸山さくら  わたし、正直あまり変化はないです。それでも、Baby'z Breathは立ち上げから参加しているグループだからこそ、暇さえあればBaby'z Breathの今後について考えを巡らせて、空いた時間にも習ったダンスの復習をするなど、Baby'z Breathのために費やす時間が圧倒的に増えました。頭の中がBaby'z Breathのことで埋めつくされていくのも、みんなで一緒にグループを作りあげている、その感覚に新鮮さと楽しさを覚えているからだと思います。

――はるねさんは、どうですか?

陽葵はるね  変わったことは、2つあります。1つが、自分の顔を鏡に映して見れるようになったこと。以前は自分に自信がなかったせいか、鏡で自分の顔をしっかりと見ることがありませんでした。ダンスレッスンでも、覚えるのは好きだし、意外に振りの覚えは早かったので、鏡を前にしたレッスンでも鏡を通して自分の動きを細かく見ることは避けていました。だけど、こうやってアイドル活動を始めたことで、鏡を見て、自分の見せ方をもっと研究しなきゃと思うように気持ちに変化が出てきました。実際に、写真映えを意識した見せ方を研究したことで、写真映りが良くなりましたし、もっともっと映り方を研究しなきゃと思うようになりました。
  もう1つが、まだまだ途中段階ですけど、1月の頃の自分と比べたら数キロ以上は痩せました。今、着ている衣装も、採寸したときよりも痩せたことでスカートがユルユルになり、今、安全ピンで丈を詰めている状態です。以前の写真の自分と比べても、あきらかに自分で見ても痩せてきたのはわかっているからこそ、より魅力的な体型になるまで、もっと痩せようと思っています。

――身体がほっそりしてきたのは、とてもいい傾向ですよね。

陽葵はるね  そうなんです。わたし、いつかグラビア活動をやりたいし、グラビアとしてDVDも出したい目標が生まれました。けっしてガリガリになることなく、理想とする魅力的な体型にまで、まずは身体を絞っていきたいなと思って、今も頑張っています。それに、目に見えた形で成果がわかると、「もっともっと頑張ろう」というモチベーションになっていくんですね。それに、まわりがかわいい子たちばかりじゃないですか。わたし自身、アイドル活動が初めてだし、まわりにいるのがかわいい子たちばかりだからこそ、わたしも頑張って綺麗にならなきゃという気持ちが自然と芽生えてきました。「やらなきゃ」ではなく「やりたい」という気持ちで自分に磨きをかけられていることが、わたしの中での大きな成長や気持ちの変化だと思います。

――最後は、凛さんですね。

春奏凛  わたしも、Baby'z Breathとして1か月活動をしてきたからこそ、わたし自身もそうだけど、「どうやったらBaby'z Breathのことを好きになってもらえるか」をたくさん考えながら日々を過ごすようになりました。今では、いつも頭の中をBaby'z Breathのことが占めています。だからこそ、特典会やSNSを通して「どうやったらみんながBaby'z Breathに興味を持ってくれるのか」を考えながら発信もするなど、本当に、毎日Baby'z Breathのことを考えて過ごすようになりました。

――人見知りだと、特典会でファンの方と話をするのも大変じゃない?

春奏凛  いえ、特典会はとても楽しいです。むしろ、特典会のほうが緊張しないです。わたし、応援してくださる人たちの前で緊張することはありません。そうじゃない環境だと、緊張して、人見知りになってしまいます。


(3回目へ続く)


TEXT:長澤智典

 

<インフォメーション>


アー写

◆ Baby'z Breathとは
Baby'z Breathは、「Timeless Innocence(永遠の無邪気さ)」をコンセプトに掲げ、成熟した社会にあっても純粋な心を持ち続け、夢や希望を大切にすることの意義を伝えることを目的としています。
メンバーたちは個性を活かしながら、永遠の無邪気さを忘れることなく、音楽やパフォーマンスで世界中の人々を魅了します。
このグループは多様な個性と才能を持つメンバーたちが集まり、互いに高め合いながら、時代を超えて愛される楽曲とパフォーマンスを創り出すことを目指しています。
また、彼女たちの物語を通じて、ファン1人ひとりが自分の夢や願いを実現する力を見つけられるよう、インスピレーションを与える存在であり続けることを願っています。

Baby’z Breath 「どんな未来でも」MIRAI系アイドルSPライブ【20230513】
https://www.youtube.com/watch?v=PaQeqxHOg9o


▼公式Twitter 
https://twitter.com/Baby_z_Breath

<メンバー>

アー写
明日海まりん @Marin_BabyB
 
アー写
南いちご @Ichigo_BabyB
 
アー写
熊本美和 @Miwa_BabyB
 
アー写
花宮まいか @Maika_BabyB
 
アー写
春奏 凛 @Rin_BabyB
 
アー写
天彩レイ @Rei_BabyB
 
アー写
瀬戸山さくら @Sakura_BabyB


猫音シシィ @Sisi_BabyB
 
アー写
陽葵はるね @Harune_BabyB

 

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.06.21
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.06.18
ガルポ!ズ INTERVIEW