FEATURE

2024.05.13
iSPY

iSPY、「つねに最高を更新していけるように」の言葉が嬉しい。『iSPY 桜花爛漫4大都市ワンマンツアー ~東京~ あなたの蕾(ハート)、咲かせてみせましょう 1部 桜花編』公演レポート

 桜の開花に合わせて3月よりスタートしたiSPYの全国ツアー、『iSPY 桜花爛漫4大都市ワンマンツアー』。大阪、名古屋と公演を終え、4月28日にiSPYは東京公演の地、池袋harevutaiのステージに立っていた。この日は『iSPY 桜花爛漫4大都市ワンマンツアー ~東京~ あなたの蕾(ハート)、咲かせてみせましょう 1部 桜花編・2部 爛漫編』と、2部構成で開催。ここでは、「1部 桜花編」の模様をお伝えする。


 キラキラ煌めくSEが流れだすのに合わせ、フロア中から生まれた大きなかけ声とクラップ。その声へ導かれるように姿を現したメンバーたちが、春の日射しを浴びることへ喜びを覚えるように、舞台の上で華麗に踊りだす。とても華やかな幕開けだ。

 「あなたのハートを今日咲かせてみせます。桜花編、始まるよ」の声を合図に、フロアにいる観客たちの心へ桜色の花を咲かせるように、学生時代の桜の季節を舞台にした『僕とあの子とetc…』を歌いだした。メンバーとファンたちの距離が、ギュギュッと一気に縮まりだす。背景には、桜の映像を投影。でも、場内からは、ひと足早い夏のような熱狂の風が巻き上がっていた。舞台の上の7人は青春時代に戻り、恋する気持ちを桜色に染め上げ、ひらひらと舞うように歌っていた。とても華やかな景色だ。でも、気持ちはもっともっと華やぎたくて、狂おしいほどに熱を求めていた。最後の「好きです...!」の声に、フロア中から熱狂の声が上がるのも当然だ。
 
 「もっとあなたのハートを咲かせていきましょう」の声に続いて、7人はキラキラ眩しい音の光を振りまくように駆けだした『Dream Melody』に乗せ、満面の笑顔を浮かべてステージの上を駆け巡りだす。それぞれがガールズトークを交わすように舞台の上で顔を見合せてはしゃぐ姿が、眩しい。胸に抱いた夢を膨らませ、ときめく思いをフロア中へ振りまくように歌い躍る7人の姿に、思いきりハートを射抜かれた。「世界中で一番愛してる」と彼女たちに歌われ、冷静でいられるわけがない。

 さらに煌めいた歌声のシャワーが、舞台の上から降り注ぐ。彼女たちは、いろんな恋のスパイスを使ってパティシエ(ファン)たちのハートを落とす最キュンのレシピ曲『このドキドキ♡なんですか?』を歌いながら、観客たちを甘い熱狂の虜にしてゆく。彼女たちに「わたしを好きになってくれますかー?」など恋のアプローチを受けるたびに、場内中から熱情した声が飛び交う。iSPYが作りあげたハートを落とす最上級の歌のスイーツに、心も身体もとろけそうだ。


 MCでメンバーらが口にした、「みんなをポジティブチャージにする」(夏川みずき)、「最初から最後までエンジン全開で盛り上げていきたいと思います」(三葉みゆ)、「心ゆくまで謳歌していきたいと思います」(瀬乃かな)などの言葉も嬉しい。
  昨年11月に行ったワンマン公演以降に加入した香月まかはにとって、この日がiSPYとして東京では初のワンマン公演。iSPYとしても、新体制として東京で行うワンマン公演は今回が初めてになることも伝えていた。


  次のブロックで最初に披露したのが、タオル曲の『天色にI love you』。「ねぇ ここからなにか伝えたくて~」と、愛らしく歌う声へ誘われるように、楽曲がスタート。キラキラと眩しい輝きを放つように曲が走りだすのに合わせて、場内中の人たちがその場で飛び跳ね、声を張り上げだす。萩田こころの「まわして!!」の声にあわせて、サビではメンバーと観客たちが手にしたタオルや突き上げた腕をくるくると回し、この場に熱い熱い風を巻き起こす。メンバーらの歌う声へかけ合うように声を上げる観客たち。間奏では、タオルを手に躍るメンバーたちの姿も眩しく見えていた。曲が進むごとにキラキラ度が増してゆく。サビで7人と一緒にタオルを振り上げ、その場で思いきり天高く飛び跳ねる、その瞬間瞬間がとても気持ちいい。

  「聖なる夜に願いを込めて咲き誇る恋のプリンセチア」と愛らしい歌声を重ねあわせて歌ったのが、『恋のプリンセチア』。この曲のみ動画撮影がOK。今もSNS上にはたくさんの映像がアップになっているだろうか。彼女たちは季節を巻き戻し、ときめき、はしゃぐ気持ちを歌声に乗せて振りまくように、無邪気な笑顔を浮かべ、舞台の上で可憐に舞い躍っていた。ドキドキとした無垢な乙女に気持ちを染めあげた7人の天使たちに「大好きだよ」と言われた瞬間、心がドキッと高鳴った。この曲の間中ずっと、ロマンチックな恋物語を心の中の大きなスクリーンに映し出していた。

 「赤い果実のDestiny」の歌声を合図に始まったのが、新体制としては初お披露目になった『赤い果実のDestiny』。その声へ誘われるように場内中から熱い声が上がりだす。この曲は、触れた人たちをミステリアスな香りの漂う異国の街へと連れ出し、情熱的な恋を交わす淑女と紳士に変えてゆく。メンバーたちもときに挑発するように、大人の女性の艶やかさを振りまきながら、いつも以上に情熱的な姿で観客たちにせまっていた。これが、iSPYが誘いかけた情熱的な大人の恋の駆け引き?!その誘いヘもっともっと溺れたくて、大勢の人たちが熱い声を張り上げていた。

  背景にキラキラと瞬く無数の星の輝きを投影。iSPYは、アコースティックなスタイルにアレンジをした『さよなら流星群(アコースティックver)』では、一人一人が胸にそっと手を寄り添え、心に閉まっていた愛しい人への思いを告白するように歌を繋いでゆく。サビでみんなの声か重なったときの淡いハーモニーに、胸がグッときた。楽曲は、次第に華やかさを持って駆けだす。躍動する楽曲に乗せ、一人一人が胸に秘めた願いが叶うようにと祈るように歌っていた。その歌声には、確かな力が漲っていた。それこそが、彼女たちが胸に抱いていた強い想いや意志なんだと思う。この曲は、公演を重ねるたびに歌詞割りを変えるなど、ライブ経験を重ねるごとに進化し続けていることも、歌い終わった後に述べていた。


  次に披露したのが、新曲の『好きになれ!』。この曲では、フロア中の人たちが、手にしたペンライトの輝きを桜色(ピンク)に設定。スタイリッシュな、でも思いきり煌めいた輝きを振りまくように始まった『好きになれ!』に乗せて、メンバー自身も、いつも以上に強気な気持ちに心を染めあげ、チャーミングな仕種で歌い躍りだす。サビ歌では、ときめいた心を弾ませるように歌う7人に向けて、フロア中で桜色のペンライトの輝きが大きく揺れていた。メンバーらと歌や声をかけ合う観客たちの姿も印象的だ。恋する気持ちが揺れ動くたびに、7人の歌声もカラフルに色づき、揺らめきだす。背景には輝く巨大なハート型のリングも投影。彼女たちの「好きになれ」の言葉を受け、ハートが恋に溺れてゆく。

 「君と出会ってからドキドキがうるさくて 閉じ込めていた恋心 走り出した」と歌う萩田こころの声から、楽曲がスタート。その後も、「すき」という思いを『恋コガレ』に乗せて、メンバーたちが次々歌い繋いでゆく。この曲では、煌きだした恋心を温かな声で紡ぐ、メンバーそれぞれの歌声の魅力を味わえたのが嬉しい。その嬉しさのあまり、場内中から熱い声が飛び交っていた気持ちもよくわかる。一人一人が乙女の恋する思いを、それぞれに描いた声の色を持って歌い繋いでゆく。だから、歌声が変わるたびに、その行方を視線が熱く追いかければ、みんなで綺麗に揃えた歌声に夢中になっていた。

 「ここいる全員の声を聴かせてくれますか」のかけ声を合図に、リミッターを外す勢いで、超強気でダンサブルな『決意の虹』が飛びだした。躍動する強烈なダンスビートの上で、7人は強気な姿勢で未来を見据え、夢抱く思いをぶつけるように熱唱。その姿に向け、場内中の人たちも感情のストッパーを壊し、気持ちが騒ぐままに絶叫していた。歌詞の一節じゃないが、確かにこの瞬間「僕らは無敵」だった。煌めく虹の輝く映像を背景に、7人が夢を叶える物語を共に描き続けようと凛々しく熱唱。 力強く歌いあげる声に気持ちを高ぶらせた人たちがずっと熱狂の拳を振り上げ、声を荒らげ続けていた。

 この空間へときめく青春の物語を描くように、7人は夢に夢見る無邪気な乙女に心を染めあげ、愛しい君へ向けて愛らしく晴れた声で『iSPY』を歌いだした。メンバーとファンたちが一緒に腕を振り上げ、思いを交わしあう景色も胸アツだ。背景にはMVも投影。彼女たちが胸をキュンと鳴らしながら歌い躍る姿へ触れるたび、一緒に眩しい青春の景色の中で、ときめきを感じていたくなる。彼女たちと一緒にあの頃の自分に戻って、元気いっぱいにはしゃぎ続けていたい。

 そんな青春モードに戻って、一緒にわちゃわちゃはしゃごうよと呼びかけるように、彼女たちは『青春Shower』を歌いだした。メンバーらと一緒に左へ右へと移動しながら、共に飛び跳ねていたい。間奏では、7人に向けて熱いMIXも飛び交う。彼女たちは軽やかにステップを踏み、歌い躍りながら、フロア中にときめきのシャワーを降り注ぐ。一緒にドキドキを膨らませ続けたい。彼女たちと同じ振りを真似、左右に動きながら、このひとときを、輝いた姿のまま胸の奥に焼きつけたい。

  iSPYが最後に歌ったのが、『未来』。この季節にとても似合う楽曲だ。いや,いつだって何かを始めようとするときに、この歌が、7人の笑顔と歌声が胸を力強く押してゆく。この日も7人が、「同じ夢に向かって進もう」と元気いっぱい歌いながら、熱情した声で場内にいる一人一人の心の手を引っ張りあげていた。その姿に向けて、フロア中から熱情した声が飛び交う。7人が歌いながら高く伸ばした手の先につかむ景色を、一緒に見てみたい。「君にちゃんと届いているかな」「届いているよ」と、互いに力強く晴れた声で歌をかけあう様も、胸を嬉しく騒がせた。互いに笑顔を交わしあう関係が続く限り、これからも一緒に夢を見ていけるし、共に新しい道も創っていける。それを知っているからこそ、会場中の人たちは最後の最後まで力強く声を張り上げ、7人に思いを届けていた。

  歌い終わり、三葉みゆが「7人としての東京での最初の公演、みんなすごく楽しそうに、ニコニコしてライブを見てくれていたから、さらに7人でもっともっと頑張ろうと思えました。この7人の新しいiSPYとして、また1から頑張れることが本当に幸せです」と。さらに、夏に向けての熱い決意や、秋に控える3周年へ向けての思いを語っていた。「つねに最高を更新していけるように、この7人でもっともっと頑張っていきたいと思います。みんなも、この7人についてきてくれたら嬉しいです」の声も嬉しかった。


  2024年の春という季節に、新たな桜色の花を咲かせたiSPY。これから夏に向けてどんな風にこの木を大きくしてゆくのか、ますます楽しみになってきた。


PHOTO: 小田凪徹平
TEXT:長澤智典

 

a

 

セットリスト
『僕とあの子とetc…』
『Dream Melody』
『このドキドキ♡なんですか?』
『天色にI love you』
『恋のプリンセチア』
『赤い果実のDestiny』
『さよなら流星群(アコースティックver)』
『好きになれ!』(新曲)
『恋コガレ』
『決意の虹』
『iSPY』
『青春Shower』
『未来』

 

<インフォメーション>

<日時>2024年6月8日(土)
<会場>横浜B.B.STREET

『香月まかはデビュー半年記念&神奈川凱旋LIVE!?~真っ赤なハートに染めちゃうぞ!~』
【開場/開演】12:00 / 12:15 
【出演】iSPY
【チケット】
Sエリアチケット ¥3,500 (20枚限定)
通常チケット ¥2,500
●チケットあいす会先行(FC先行抽選)
5/11(土)10:00~5/15(水)23:59
〇チケット一般発売
5/18(土)10:00~6/7(金)23:59

 

iSPY最新曲
『好きになれ!』
https://lnk.to/iSPY_Sukininare 

 

SNS
https://ispy-official.com/
https://twitter.com/ispy_official

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.06.21
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.06.18
ガルポ!ズ INTERVIEW