FEATURE

2024.04.13
水花、沖縄電子少女彩、Colorpointe、寿々木ここね

水花 主催イベント『SUIKA FES Vol.1&2-RURI DEBUT LIVE-』ライブレポート 第1 部(沖縄電子少女彩・Colorpointe・寿々木ここね編)

 水花が,4月7日にCHIC HALL 渋谷を舞台に、主催イベント『SUIKA FES Vol.1&2-RURI DEBUT LIVE-』を開催した。Vol.1&2ともに、MCを"なかじ"が担当。【Vol.1 公演】には、沖縄電子少女彩/Colorpointe/電影と少年CQ/寿々木ここね /MANACLE/水花がオケスタイルで。【Vol.2 公演】には、My Little Devil/yesAND/水花withBANDがバンドスタイルで出演。ここでは、第1 部公演の中から,沖縄電子少女彩・Colorpointe・寿々木ここねのライブの模様をお届けします。

 

1


 

沖縄電子少女彩
 
心が騒いだら、自由に躍れ。それが、この場にある唯一のルールだ。

 

2

 

 「沖縄音楽を中心にポップ、テクノ、ノイズ、エレクトロ、アンビエントなどをミックスしたオリジナル曲」を歌っている、沖縄電子少女彩。荘厳な音色が場内中へ響きだす。沖縄電子少女彩のライブは、『耳切坊主』からスタート。沖縄音階や、沖縄の言語(方言)を用いた歌詞も特徴的。エレクトロな演奏の上で、沖縄民謡を聴いている気分だ。いや、現世を飛び越えたトライヴァルな音世界と妖しくも幻惑/壮麗な歌声は、この場にいる人たちから現実を消し去っていった。誰もが、舞台の上からあふれでる音楽へ身を寄せ、微睡みを覚えながら、幻惑とした歌世界に心地よく酔いしれていた。

 

  変拍子を活かした演奏の上で、五線譜の線を消し去り、自由奔放に歌声が舞い躍る。『雨の子』で沖縄電子少女彩は、彼女流のカチャーシーを躍るように、舞台の上で妖艶に舞い踊る。誰もが沖縄電子少女彩の強烈な存在感と、胸の奥に響き渡る色の深い歌声に身を浸し、じっと見入っていた。

 

 1曲ごと、巧みに表情を塗り替えながら。でも、芯にある姿勢や精神性を変えることなく、沖縄電子少女彩は次々と曲を紡ぎだす。テンポ速く重厚なリズムを打ち放つ楽曲の上で、語り部となった沖縄電子少女彩が『ぼくらは星砂』を歌唱。躍動した強烈なビートに身体が揺れながら、感情的な歌声が紡ぐ物語の行く先に、心が吸い寄せられる。曲が進むにつれて激しさと躍動性を増す楽曲の上で、乱れ騒ぐ気持ちのままに熱情した声で歌いあげる。強烈な存在感を放つその様も、瞼へしっかりと焼きついた。

 

 まるで大人の絵本をめくるように、一つ一つの楽曲が流れるたびにいろんな景色が目の前に映し出される。沖縄音楽らしさを軸に据えながら、そこへ狂気と狂喜の彩りを描き加える沖縄電子少女彩。『アシバナ』でも、イタコのように憑依した姿を見せながら、心を解き放ち、自由に声を躍らせていた。「HA!! HA!!」と声が上がるたびに、見ている側の気持ちも上がる。でも場内にいる人たちの多くが、物語を憑依させた沖縄電子少女彩の姿を食い入るように見つめていた。

 

 さぁさぁ、ここで一緒に躍ろうか‥そんな風に誘いかけるように、沖縄電子少女彩は『アッチャメー!』を通して、観客たちの身体を揺らしだした。彼女が掛け声を上げるたびに、声を張り上げたい。舞台の上で大きく身体をくねらせて歌い躍る姿に合わせ、一緒に身体を揺らしていたい。ここは宴の場だ。太古から続く伝統へ、沖縄電子少女彩流の尖ったスパイスを振りかけた、新たな琉球音楽のスタイルだ。心が騒いだら、自由に躍れ。それが、この場にある唯一のルールだ。

 

 沖縄電子少女彩は最後に『リズム』を熱唱。躍動した華やかな楽曲に乗せ、身体をしならせ、妖しく躍る様も印象的。言葉のひと言ひと言に命を宿し、その言葉たちを、彼女は歌声を通して次々と躍らせる。この数十分という時間の間だけは、時の流れを忘れた宴に、心地よく身を預けていた。さぁ躍れ、心の動くまま自由に踊り祭れ!!

 

 


Colorpointe
 
ファンタジックなミュージカルのいろんな場面を見ているような、妖艶で可憐な舞台劇がステージの上で繰り広げられる。

 

4

 

「新感覚バレエファンタジー」をコンセプトに活動中のColorpointe。軽やかかに弾む楽曲に乗せ、メンバーらが舞台へ姿を現した。ライブは、可憐な5人の踊り子たちによるダンスパフォーマンスから、スタート。1本のライブに一つの大きな物語を描きながら、その中で、1曲ごとに場面や内容を塗り替えるようにライブは進行していく。まるで、次々と変わりゆくファンタジックなミュージカルのいろんな場面を見ているような、妖艶で可憐な舞台劇がステージの上で繰り広げられる。彼女たちの誘いに合わせ、場内中から熱い手拍子が起きていた。そして‥。

 

  華やかな楽曲に乗せ、彼女たちは物語を語るように『Seirens Dinner』を歌いだした。5人が導き入れた、心を躍らせるディナー。彼女たちの誘いへ惹かれ、歌声を通した料理の一品一品を味わうたびに心がとろけだし、まるで魔法にかかったように極上な気分に染めあがる。メンバーらの誘いを受け、思いを返すように場内中から起きた熱いクラップ。Colorpointeが語る物語と美食な音楽と歌声に、気持ちが引き寄せられる。

 

 次の舞台は、街中の歓楽街へ。Colorpointeは『まほろば歓楽街』を歌い踊りながら、観客たちを妖艶な、でも華やかさを持った宴の中へ誘い込む。彼女たちは場末のキャバレーのような場で、でも、ゴージャスなレビューを通して観客たちの視線を釘付けにする。Colorpointeが楽曲に乗せて歌い踊りだした瞬間、そこは時代の流れをゆがめ、華やかな、でも、猥雑さを持ったレトロな空間に塗り変わる。欲望が渦巻く歓楽街の中、美しく咲き誇ろうとする乙女たちの姿がそこにはあった。

 


 MCでは「歌とバレエと物語を伝える」ことを軸にライブやミュージカルなどの形を取った活動をしていることを説明。

 


  4月という新しい出逢いの時期に合わせ、彼女たちは迷える小羊たちを可憐で華やかな宴の中へ誘い込もうと、『Stray Sheep School』を歌い踊りだす。次々と巧みに表情を変えながら、アップテンポなビートの上で、5人は幻想的でダークファンタジックな物語を伝えてきた。躍動した楽曲に合わせ、場内中の人たちもクラップをしながら、彼女たちが作りあげた宴に参加。少しコミカルな要素も加えた、学校を舞台にした彼女たちが描きだす物語。そのストーリー展開を、気持ちを躍らせながら、心がずっと追いかけていた。

 

   最後にColorpointeは、幻想的かつ豪華絢爛な音が舞い躍る『Unholy Orchestra』を通して、勇壮な気持ちへ導く物語の中へ観客たちを連れ出した。一つ一つの楽曲が物語を成しているからこそ、その内容を5人の歌声と踊りを通して、心は物語の展開を追いかければ、視線は5人の華やかなパフォーマンスを追い続けていた。1曲ごとに色濃い内容を提示。次々と繰り出す幻惑した華やかな物語に、ずっと見入り 浸り続けていた。

 

6
  

https://colorpointe.com/
https://twitter.com/colorpointe

 


寿々木ここね
 
思いを語るように甘い仕種と声の色を持って歌う寿々木ここね。その姿、つい見惚れてしまう。

 

7

 SAKA-SAMAのメンバーとして活動中の寿々木ここねが、ソロで出演。ライブは、この空間へキラキラと煌めく歌の礫を振りまくように『スイート・セレブレーション』からスタート。とてもチャーミングな寿々木ここねの歌声と仕種に、視線が一瞬で釘付けに。愛らしさを振りまきながらパフォーマンスをするその姿に触れ、胸がずっとキュンキュンし続ける。舞台の上で歌い躍る彼女の姿は、まるでガラスケースの中から飛びだし、思いきりはしゃぎだした人形のよう。彼女が作るハートマークを目にするたびに、胸がドキッとする。

 

  少し儚げな表情も見せながら、寿々木ここねは『ラヴァーズ・ハイ』を通して、とろけそうに甘い誘いをかけてきた。少し抜いた甘い歌声で、素敵な恋心を、彼女は告白するように歌いかける。糖度の高い誘いを口に含み続けていたら、ハートがメロメロになりそうだ。もしや、寿々木ここねの誘いを受けて恋に落ちてしまった?!

 

 曲が進むごとに、寿々木ここねはいろんな愛らしい表情と、揺れ動く乙女の恋心を見せてゆく。胸にそっと手を寄り添え、ゆったりと身体を揺らしながら『thorny』を歌うその姿が、とてもスウィーティーだ。彼女に、少し大人びた表情で誘いをかけられるたびに。自身の初な恋心を知るほどに、彼女と一緒に禁断の世界へ落ちてしまいたい。そんな妄想さえ膨らむ歌唱&パフォーマンスを寿々木ここねは見せていた。古の欧州映画の世界から抜け出したようなレトロポップ調な、ファルセット声を活かした楽曲も、とても似合う表情だ。

 

  ゆったりとしたロマンチックな音色に乗せ、寿々木ここねは『FEVER』でも、甘い甘い声を音の風に乗せて場内中へそよがせるように歌っていた。彼女自身が、曲の中へ登場する女の子に心を染めあげる。愛しい人の姿を思い浮かべ、胸に手を寄り添え、初な恋心をみずからへ語りかけるように歌う姿も印象的だ。アンニュイでプチフレンチな音の背景も見えてくる楽曲の上で、思いを語るように甘い仕種と声の色を持って歌う寿々木ここね。その姿、つい見惚れてしまう。

 

 軽快に駆けだした『アクア・タイム』では、場内中から熱いクラップが終始鳴り続けていた。寿々木ここねは、観客たちのはしゃぐ思いも受け止めながら、みずからも軽やかにステップを踏みながら、優しい笑みを浮かべては、映画館など大好きなシチュエーションを描き出した楽曲を、心を弾ませて歌っていた。一つ一つの仕種が、本当にチャーミングだ。舞台の上ではしゃぐ彼女の姿につられ、いつしか笑顔を浮かべ、寿々木ここねの姿へ熱い視線を走らせていた。

 

  勢いよく駆けだしたビートポップチューンの『彗星まち』に乗せ、寿々木ここね自身が心を弾ませ、胸の内に閉まっていた思いをすべて天空へ向かって解き放つように元気いっぱいに、でも、愛らしさもしっかり見せながら歌っていた。とてもノリ良い楽曲とふわふわっと弾けた歌声に触れ、気持ちが浮かれてゆく。一緒にわちゃわちゃと騒いでいたい。落ちサビでは、場内中からたくさんの腕が上がり、舞台の上の寿々木ここねへ思いを届ければ、終盤には、彼女と一緒に腕を高く振り上げ、みんなではしゃぎあっていた。

 

8


https://twitter.com/sakasama_kokone
https://lit.link/kokonesuzuki

https://www.trash-up.com/sakasama/
https://twitter.com/sakasama_info


PHOTO:大西慧
TEXT:長澤智典

【水花 INFOMATION】
水花公式サイトhttps://suika-jp
水花公式X(Twitter) https://twitter.com/suika_official
水花公式YouTube https://www.youtube.com/channel/UCIRbXujeq2V8rf9BHQhpKaw

5/25(土)青山 月見ル君想フ
るり生誕『Lust for Life』
出演※敬称略:るり(ソロ)/水花/松原みずき/松永天馬(アーバンギャルド)
詳細▶︎https://tiget.net/events/312704

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.05.21
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.05.15
ガルポ!ズ INTERVIEW