FEATURE

2024.03.08
堀詩音(EX: NMB48)

3人の会話は、カフェで繰り広げるガールズトークのよう。堀詩音(EX: NMB48) トークイベント・レポート。

 昨年11月に約8年半活動したNMB48を卒業し、アーティスト・モデル・タレントとして新たなスタートを切った堀詩音。3月2日(土)に、彼女も参加している会員制ファンコミュニティプラットフォーム「Fanicon(ファニコン)」が所有するイベントスペースにてトーク・イベント「Shion Hori -Talk Session-」を開催。この日は、同じくFaniconで公式ファンコミュニティを開設中、元NMB48の市川美織・内木志がゲストで参加。トークショーを中心に、ファンからの質問コーナーやビンゴ大会。さらに、イベント後の物販 /  特典会では、堀詩音は2ショット撮影会も行った。ここからは、当日の模様をお伝えしたい。

 


 この日は、先にS VIPチケットの方を堀詩音みずからお出迎え。入場時にイベント特製のトートバッグや出演者サイン入りフライヤーを含む限定特典を手渡したうえで、一人一人と会話。軽く挨拶ではなく、一人一人としっかり向き合って話をしてゆく。ファンには、とても嬉しいお出迎えだ。顔なじみのファンの方も多かったのか、懐かしがるように会話をしていた姿も印象的だった。本人みずからのお出迎えは、S VIPチケットのみの特典。VIPチケットの方でも、トートバッグはしっかりと手にしていた。

 

1

 
  盛大な拍手に迎えられ、少し照れながら堀詩音が登場。椅子に座った彼女は、友達と会話をするように、集まったみんなへフレンドリーに話しかける。「最近は、何してますか?」「アイドルのおっかけはしてますか?」と、訪れた人たちに呼びかければ、客席から飛び交う言葉にリアクションもしてゆく。一方的ではなく、双方向で会話を進めてゆくところも、ファンには嬉しい。オープニングトークでは、サポーターをしている北海道コンサドーレ札幌がこの日試合に負けてしまったことを悔しがる場面もあった。

 

  堀詩音は、さっそくゲストの市川美織を呼び入れる。市川美織は、自身のユニット曲を歌いながら登場。2人は、NMB48の10周年ライブ以来の再会。2人の会話が弾む中、続いて内木志を呼び入れた。内木志が椅子に座ったとたん、早くも3人のクロストークが炸裂。堀詩音と内木志は、約1年前に渋谷でお洒落なカフェへ一緒に行って以来の再会とのこと。気心知れた3人という理由もあり、主役の堀詩音を飛び越え、市川美織と内木志で会話をしてゆく場面も飛びだしていた。3人の会話は、カフェで繰り広げるガールズトークのよう。中身がない??いやいや、その気心知れた、何気ない3人の会話を聞いているのが楽しい。

 

  この日は台本無しの、完全なるフリートーク。でも、会話がまったく止まらないところが3人らしい??途中には、「みんな何処から来たの?」とファンに話しかけるなど、ファンの人たちも巻き込んでゆく。そのラフな感じも、触れていて楽しい。
  この日は、ビンゴ大会があることから、NMB48時代に体験したイベントの中、ビンゴ大会を行った時のことも振り返っていた。当時は、景品が豪華だったことなどをトーク。この日の主役は堀詩音なのに、ゲストの2人がトークの中心になる場面や、市川美織と内木志がリポーターになり、「囲み取材」のように堀詩音と会話をしていたのも印象的だった。時節柄、大谷翔平の結婚についての話題から、NMB48時代にやっていた24時間配信の思い出話、大阪は千日前のとある場所にあるガチャガチャを回した話などなど、次々と、しかも唐突に会話の内容がカメレオンのように変わっていくところも3人のトークの楽しさ。さらには、市川美織が堀詩音に向けて得意のクレーンゲームで何を手にしたかという話から、クレーンゲームで上手く景品を手にするコツ話などもしていた。
  具体的な内容は、この日訪れた人たちだけの楽しみにしておこう。こういうイベントでは、普段は耳に出来ないプライベートなことも聞ける。その楽しさこそ、訪れた人の特権。余談だが、クレーンゲーム話は3人とも意外と盛り上がりをみせていた。

 

2

 

  続いては、事前にいただいた「質問」へ答えるコーナーへ。厳選した??質問の中から答えたのが、以下の内容。

 

 「お互いの第一印象、仲良くなったきっかけは」について、内木志は「まさかシンガポールの選抜でMV撮影のためにシンガポールに行った時に、先輩後輩の壁を超えて2人と仲良くなった」と、当時のいろんなエピソードを交えて答えていた。2人との関係を深く繋げた人物は、磯ちゃんこと磯佳奈江だったらしい。市川美織は、「堀詩音はNMB48の中でもいじられキャラで、それで親しみやすさを覚えていた」こともトーク。ちなみに、磯佳奈江もいじられキャラだが、彼女以上に堀詩音が、NMB48の中ではいじられキャラになっていたらしい。ここではなぜか、磯佳奈江の素晴らしさも3人で語っていた。

 

 「グループを卒業して一番変わったこと」について、堀詩音は、卒業からまだ4ヶ月しか経ってないとはいえ、「これまでは大人数だったから自分の意見も全部は伝えきれなかったけど、今は一人だから、自分のアイデアや意見も言えるようになった」と、この日のグッズを例に出しつつ語っていた。

 

3
 
 

続いては、「ビンゴコーナー」へ。この大会には、市川美織と内木志も参加。ゲストまでビンゴ大会へ真剣に参加する、その緩さが堀詩音のイベントらしさ?!

 その後、訪れた人たちとの「記念撮影」を実施。最後の感想では、3人とも「昔に戻ったよう」「あのときの楽屋の雰囲気」など、ちょっと懐かしさも覚えつつ、3人ともイベントを楽しんでいたことを伝えてくれた。市川美織に至っては、呼ばれたことに感謝する気持ちが高ぶり、涙まで流していた。最後の最後に、「みなさんに来ていただけて本当に幸せでした」と語った堀詩音の言葉も、嬉しかった。

 


PHOTO:THECOO株式会社 
TEXT:長澤智典

 

<プロフィール>

堀詩音 (ほりしおん)

1996年5月29日生まれ、北海道出身/大阪在住

  アーティスト / モデル / タレント / 北海道コンサドーレ札幌サポーター。約8年半NMB48での活動を経て、2023年11月から独立。アーティストにとどまらずモデル / タレント等マルチに活動している。
  北海道コンサドーレ札幌サポーターとしての一面もあり、様々な試合の観戦やSNSでサッカーに関する様々な投稿をし、積極的に他業界へアプローチしている。また、これがきっかけとなりChanathip Songkrasin選手(元・北海道コンサドーレ札幌)との2ショット写真がSNSで話題を呼び、日本だけではなくタイやアジア圏を中心に多数のファンを獲得している。
2024年2月には、 Novel Coreやedhiii boi等フレッシュなアーティストへの楽曲提供でも話題のトラックメイカー"Yackle"がプロデュースした1st Single「Dream Drive」をリリース。
https://lit.link/shionhori

 
市川美織 (いちかわみおり)

1994年2月12日生まれ。O型。

広島レモン大使・久喜市くき親善大使。2010年にAKB48のメンバーとして活動開始。NMB48移籍を経て2018年5月1日に48グループを卒業。現在は女優、バラエティ番組への出演、モデルをはじめアパレルとのコラボなどで活動のほかレトロポップユニット・FANCYLABOのメンバーとしても活動中。
 https://lit.link/miorinlemon212


内木志 (ないきこころ)

1997年4月6日生まれ、滋賀県出身。

元NMB48のメンバーで、2019年8月卒業。卒業後は、俳優として舞台、ドラマなどに出演。鹿児島県のヨロン島特命大使としても活動中。
https://twitter.com/naiki_cocoro
 

■ Fanicon(ファニコン)について

“With fan,More fun “あなたとファンをつなぐファンコミュニティ。Faniconは、アイコンの活動を、彼らとファンが一緒に盛り上げていく会員制のファンコミュニティアプリです。

公式ページ:https://fanicon.net/icon
公式メディア:https://media.fanicon.net
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.05.21
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.05.15
ガルポ!ズ INTERVIEW