FEATURE

2023.03.20
囁揺的音楽集団AsMR

そこへ破壊の美学を覚えるからこそ、囁揺的音楽集団AsMRの描く漆黒の物語に圧倒されながらも心惹かれてゆく。 Mashup LIVE -異彩- streaming by GALPO LIVE SHOW Vol.2 囁揺的音楽集団AsMR編

 太田家/囁揺的音楽集団AsMR/月照ラスの3バンドを筆頭に、音楽系Vtuberユニット Silent Emotionなど、いくつものバンド/ユニット/ソロアーティストが所属しているMashup Records。同レーベルが、2023年1月より、太田家/囁揺的音楽集団AsMR/月照ラスの3バンドを中心に据えたイベント「-異彩-」の定期開催をスタート。
  第二弾として行われたのが、2月28日(火)に渋谷DESEOで催した「Mashup LIVE -異彩- streaming by GALPO LIVE SHOW Vol.2」になる。この日は、ゲストに声優/アーティストの中恵光城が出演。当日のライブの中から、ここでは囁揺的音楽集団AsMR公演の模様をお伝えしたい。

 

囁揺的音楽集団AsMR 

 

 場内へ、不穏な旋律が響きだした。Milliは物語を歌う詩人となり、ピアノを奏でながら、悲しみを抱いた深い声でゆっくりと歌いだす。そこへ絡む、美しく慈しみを覚えるヴァイオリンの調べ。Milliの歌声は、曲が進むのに合わせ、祈りをあげるように高らかに声を響かせだす。その背景では、闇の底を駆けるベースの音色と、ノイズ/ASMRのようなギターの音色が重なりだしていた。荘厳かつ重厚でシンフォニックな音を響かせる『Ark of Chaos』だ。物語が進むごとに、その歌声と演奏は深淵へと落ちてゆく。その楽曲は、奈落の底で響く祈りの歌のようにも響いていた。そこは、痛み、歪んだ心が癒しを求めて辿り着く、漆黒に支配された桃源郷のようだった。

 小説✕音楽✕ボドゲ『魔女のお茶会』リリー=フローレス イメージソングにも起用中。エレキヴァイオリンの優しい狂気を抱いた調べから幕を開けた演奏は、麗しさと破壊的な衝動を交錯しながら、感情を掻き乱す景色を描き出す。漆黒な狂気を抱いた『艶麗戦歌』が、物語の中へ足を踏み入れた観客たちを美しくもカオスな音で釘付けにしていた。「わたしが愛しているのは静寂だけ」のAyakaの囁きも印象的だ。一人一人が感情を掻き乱すように音をぶつけあう。今にも気が狂わんばかりの高音絶叫声をぶつけるMilliの姿も強烈な存在感を放っていた。

 

1

 

Milliの奏でるピアノの音色に乗せ、Ayakaが語りだす。
「雨の色をしたわたしの身体は、あなたが目を覚ます夜明け前、そっと意識の下へ沈み込む。孤独を愛さないで。優しい夢にすがらないで。そのまま目を開けないで。ポツリポツリと零れるわたしの言葉で、手毬花が揺れる。紫色に染まる。けぶる雨に明日が流れ落ちようとも、あなたが差す傘はいらない。わたしには眩しすぎるから…。さようなら、光。わたしはここで、涙雨を降らせ続ける。だから、その傘は閉じて。濡れたまま、側で聴いてほしい。あなたへのトレモロ」

朗読と、Ayakaの「サ・ヨ・ナ・ラ…ヒ・カ・リ…オ・カ・エ・リ…ナ・ミ・ダ」の囁きをきっかけに、荘厳で重厚な音の絨毯が、フロア中を一気に覆いだした。今にも壊れそうな、でも祈りにも似た歌と、その声の裏に潜む感情を熱く掻き立てる演奏陣が、交狂(響)曲にも似た重厚な音を響かせる。『トレモロ』。その物語が綴った、悲嘆する恋心。嘆き、乱れ狂う感情を演奏陣が奮い立つ音に変え、高揚した気持ちへと塗り変える。正気を消し去り、狂気に染めあげることで、今は正常(まとも)でいれるかのように…。

  ASMRな音に乗せ、ふたたびAyakaが語りだす。
「深い夢の中で わたしは目を覚ました。心が何もない。ただ、手を伸ばしても届かない上空に、ぽっかりと一つの穴があいている その穴を、わたしは無意識のうちに扉なのだと理解していた。たびたび、その扉の向こうで音がする。聴いたことのない音。泣いているのか、笑っているのか、怒っているのか、それとも、わたしを呼んでいるのか…。その音は、日に日に大きくなり、輪郭を持ち始める。わたしは、怖くて、痛くて、心地好くて、気がおかしくなりそうで、今宵もその音に悩まされる」

 

2

 

  その言葉へ導かれるように、演奏は『雷命INFESTER』へ。雷鳴の音を合図に、雷鳴以上の衝撃を持った轟音が舞台の上から降り注ぐ。凄まじいノイズ音が空間を駆け回る。沸き立つ気持ちを奮い立て、雄々しい声で歌うMilli。奮い立つMilliの感情の揺れを、演奏陣が具現化してゆく。狂気の中から浮かび上がる美しき歌声と旋律へ触れるたび、心が甘美を覚える。凄まじい破壊音を持った演奏に見せかけ、とても構築した黒い世界観を彼女たちは作りあげる。乱れ狂う感情に誘われるまま狂気を撒き散らす。その衝撃に、身体が釘付けになっていた。

  ライブの最後を飾った『震撼SCREAMER』でも囁揺的音楽集団AsMRは、次々と重くノイジーに転調してゆく轟音シンフォニックな音を叩き出す。ときに破壊的な姿と化し、ときには凪いだ表情も見せながら、細く長い無数の神経の赤い線を歌声のピックで掻き鳴らすように、ヒリヒリとした痛い衝撃を囁揺的音楽集団AsMRは突きつける。乱れ轟く演奏の中からしっかりと見える、芯が太く、強烈な印象を与えるメロディアスな歌や旋律。そこへ破壊の美学を覚えるからこそ、囁揺的音楽集団AsMRの描く漆黒の物語に圧倒されながらも、心は惹かれていた。


 アンコールで囁揺的音楽集団AsMRは,これまでのカオスな世界へ光を授けるように『Saturated World』を演奏。Ayakaの囁きも加えながら、まるで大作映画のエンディングを感動と共に彩るような演奏が、そこには広がっていた。幽玄かつ荘厳な音の波の中、「呼んでいる」と歌うMilliの声は、ローレライの歌のように観客たちを魅了してゆく。Milliの歌声を先導に、彼女たちは観客たちを慈愛に満ちた狂気の世界へと引き寄せ、その魂を囁揺的音楽集団AsMRの色に染め上げ、魂を侵略していった。

 

3


PHOTO:朝藤 猛
TEXT:長澤智典 


セットリスト 
『Ark of Chaos』
『艶麗戦歌』
朗読
『トレモロ』
朗読
『雷命INFESTER』
『震撼SCREAMER』
-ENCORE-
『Saturated World』

SNS

https://asmr-band.jp/
https://twitter.com/asmr_band


GALPO LIVE SHOW
https://ch.nicovideo.jp/galpoliveshow


Mashup LIVE -異彩- streaming by GALPO LIVE SHOW Vol.3
日程 2023年3月27日(月)
会場 渋谷DESEO
前売り 3000円 当日 3500円
開場18:15 開演18:45
配信 ニコニコチャンネル「GALPO LIVE SHOW」月額会員様
出演 ちゃくら/太田家/囁揺的音楽集団AsMR/月照ラス

チケット購入はこちら!
https://r.funity.jp/mashuplive_vol3

一般/当日券
https://eplus.jp/sf/detail/3830130001-P0030001P021001?P1=0175

ニコニコチャンネル 
https://ch.nicovideo.jp/galpoliveshow

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.04.13
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2024.04.08
ガルポ!ズ LIVE レポ