FEATURE

2022.06.19
わんもあ/SUMMER ROCKET/♮リアスクライブ/wqwq/Caress Van End/天使突抜ニ読ミ

『セカイべフェス Vol.3 ~モテ肌チェンジで "トキメキ"! ~ supported by MAZARAN』第ニ部レポート

 アイドル専門メディア「セカイべ」が展開する『セカイべプロモーション』。その第一弾のイベントとして、大手化粧品メーカーの銀座ステファニーが新商品として販売開始する『MAZARAN』を来場者全員に配布する対バンライブイベント『セカイべフェス Vol.3 ~モテ肌チェンジで "トキメキ"!~ supported by MAZARAN』を、6月11日(土)に、渋谷DAIAを舞台に1部/2部公演として行った。

  第一部に参加したのが、リトルネコ・水花・AMOUR・れんてつ・めにぱら・大宮I☆DOLL。第二部には、わんもあ・SUMMER ROCKET・♮リアスクライブ・wqwq・Caress Van End・天使突抜ニ読ミが出演。参加グループの中から1グループが、MAZARANの期間アンバサダーに後日任命され、アンバサダー限定のトークショー開催なども予定しているので、こちらの発表も楽しみにしていただきたい。

  ここでは、第二部のイベントの模様をお伝えしよう。

第一部はこちら



LIVE

わんもあ

わんもあ、これからどんな風にアイドルの道を走りながら輝く姿を見せてゆくのか、楽しみにしていようか。

 第二部のトップバッターを飾ったのが、世界を幸せの連鎖で繋ぐために誕生した、わんもあ。彼女たちが、オリジナルナンバーの『onemore』を歌いだすのを合図に、舞台の上からキラキラ眩しい4つの光が降り注ぎだした。彼女たちは、胸をキュンとくすぐるポップな歌を届けてきた。アイドルソングらしさを持ちながらも、世代を超えて親しまれる身近さを覚える楽曲だ。その色が、メンバーらの持つチャーミングな色(魅力)と綺麗に重なって見えていた。

 「始まりはキラキラ」と、わんもあは私立恵比寿中学の『なないろ』を歌いだした。ここからは最後まで、今のわんもあに似合うアイドルソングたちをカバー歌唱。まだ何色にも染まってない。いや、いろんな色に染まってゆく器や魅力を持っているからこそ、この日は胸ときめき、夢あふれる曲たちを選び抜いて歌っていた。今の彼女たちには、キラキラとしたアイドルソングがとても似合う。

  MCではMAZARANのスキンケアを使って、この日の肌がプルプルもちもちになっていたことをメンバーどうしで語りあっていた。その言葉に続いて歌ったのが、超ときめき♡宣伝部の『Cupid in love』。この楽曲も、胸をキュンキュンときめかすラブリーチューン。彼女たち自身が、恋に恋し、恋の妄想にときめく乙女たち。歌いながら4人も、キュンキュンと胸をときめかせることを楽しんでいた。その姿を観て、同じく胸をときめかせた人たちが彼女たちへ向け熱い手拍子を返してゆく。その流れも、素敵だ。

  最後に4人は、ももいろクローバーZの『走れ!』を力強く熱唱。オリジナルだ、カバーだではなく、メンバーたち自身が、アイドルとしてアイドルソングを歌いながら、自分を輝かせることを楽しんでいた。だから、その姿を微笑ましく観てしまうし、素直に応援したくなる。わんもあ、これからどんな風にアイドルの道を走りながら輝く姿を見せてゆくのか、楽しみにしていよう。

https://twitter.com/onemore_staff

 

 

LIVE

SUMMER ROCKET

SUMMER ROCKETが描きだす乙女の無邪気な恋のときめきが、夏の日射し以上に眩しく見えていた。

 「永遠の夏休み」をコンセプトに活動中のSUMMER ROCKET。彼女たちは『太陽のアリア』歌いながら、この会場に爽やかな夏の風を呼び込んだ。夏にも、いろんな色がある。冒頭でSUMMER ROCKETは、真っ直ぐに夢を見つめてゆく青春模様満載の歌を、晴れた歌声で届けてくれた。爽やかな夏の幕開けだ。この日はどんな夏の景色が広がってゆくのか、楽しみだ。

  キュンと胸がときめく乙女心を詰め込んだ『THE MUSIC INTO SUMMER』を彼女たちは歌いだした。この歌が、閉じていた心を解き放ち、眩しい外の景色へ、夏のワクワクする景観の中に連れだしてゆく。彼女たち自身が、ときめきを与える夏の日々へ飛びこむことにわくわくしながら、気持ちを弾ませ歌っていた。いや、常夏の景色の中で、無邪気に、思いきりわちゃわちゃした気持ちではしゃでいた。その姿に刺激を受け、フロア中から熱い手拍子が飛び交う。それくらい、みんなが楽しい気持ちを抑えられなくなくなっていたのもわかる気がする。

  「フレーフレー この想い届け」と、心ときめかせるメンバーらの爽やかな歌声からスタート。SUMMER ROCKETは『エネルギー』を歌いながら、心の奥底から沸き上がる"ときめき"というエネルギーに身体中が包まれてゆく感覚を楽しんでいた。彼女たちは晴れ渡る澄みきった歌声を響かせ、恋にときめく乙女心も含め、この空間に青春という眩しい景色を描きだせば、その中へ、観ている人たちをどんどん巻き込んでいった。恋する気持ちに「フレーフレー」と温かいエールを送る彼女たち。それを自分に向けたエールとして受け止めていた人たちも、きっと多かったのでは…。

 「4.3.2.1.GO!!」の力強く熱い掛け声から、楽曲は『フォーマルハウト』へ。これまで以上にエナジーを込めた歌声で、4人は拳を高く突き上げ、その場で飛び跳ねながら元気いっぱいに歌っていた。メンバーらは曲を通して爽やかな青春模様を伝えながら、その中にも、抑揚したいろんな心の揺れを細かく描写してゆく。『フォーマルハウト』を通し、ここから未来へ向かって突き進む想いに触れ、フロアにいる人たちも心のエナジーを一緒に高ぶらせていた。彼女たちに真っ直ぐな気持ちでエールを送られると、4人と一緒に「張り切って」前へ走り出したくなる。

 ノンストップで続いたSUMMER ROCKETのライブ。最後に彼女たちは、プールサイドで愛しい人からの告白を妄想してゆく乙女心を綴った『プールサイドのイルカ』を歌唱。曲が進むにつれ、ときめいた気持ちがどんどんカラフルに色づくようだ。『プールサイドのイルカ』に触れていると、ずっと夏が終わらないでいて欲しいと願いたくなる。それは、ときめいたこの気持ちを、ずっと離したくないからだ。この曲に描きだした乙女の恋心、めちゃくちゃ眩しくて目を開けていられない。それは、青春している乙女の無邪気な恋心が、夏の日射し以上に眩しいから。ずっと夏に住み続けている4人に手を伸ばし、熱い手拍子をしながら、何時しかその物語の相手に自分を置き換え、妄想の中で恋に落ちていた。メンバーらの動きに合わせ大きく手を振りながら、ずっと心をドキワクさせていた。

https://twitter.com/Summer_R_info

 



LIVE

♮リアスクライブ

気になる存在を発見。いろんな顔を覗かせてゆく♮リアスクライブだからこそ、いろんな顔を見たくなる。

 「この世界には人それぞれの物語がある アイドル×物語り より深く、心に、寄り添う新プロジェクト」として、今年5月にスタートしたばかりの♮リアスクライブ。

  まだまだフレッシュという言葉が似合う彼女たち。初々しいからと言っても、そこは舞台に立って夢を与え、みずからを輝かせる術を知っているアイドルたち。
  この日のライブでも、冒頭を飾った胸をキュッとロマンチックに染めあげる『夜空の物語り』を歌いだした時点で、観ている人たちの気持ちを、物語の世界へグッと引き込んでいった。歌詞に込めた想いをしっかり届けたい楽曲という理由もあるのだろう、メンバーたちは物語を演じるようなパフォーマンスを通し、愛おしさを抱いた歌声で、観客たちの心を自分たちの胸の内にスーッと引き寄せていった。

  「今日が、みなさんと私たちの新たな1ページとなりますように」の言葉を合図に歌ったのが、爽やかな風を胸に覚える『蒼天のステラ』。フレッシュ。確かにフレッシュだ。でも、そんな短絡的な言葉では表現しきれない、心がジワジワときめく感覚が身体中を駆けめぐっていた。♮リアスクライブのライブに触れていると、心が晴天になる。それは、彼女たち自身が晴れた夢あふれる自分に染まってゆくのを楽しんでいるからだ。舞台の歌で高らかに声を上げ、メンバーらと一緒にフォーメーションを組みながら歌い躍ることを7人は無邪気に楽しんでいた。その楽しさが、フロア中にも伝播していた。

  イントロが流れたとたん、心がキュンキュンときめきだした。胸を騒がせるアイドルソングの『夢の中で』に触れている間、ずっとドキドキが止まらなかった。爽やかさを振りまきながら、力いっぱい元気に歌うメンバーたち。彼女たちの歌声に刺激を受け、気持ちが沸き立つたびに、フロアにいる人たちも熱いクラップを響かせていた。なんだろう、この胸キュンな感覚は。♮リアスクライブ、ちょっと気になる存在として、心の中でランクアップし始めていた。 

 最後に♮リアスクライブは、胸を熱く騒がせるエレクトロでロックなアップチューン『記された言葉』を、気持ちを奮わせ歌っていた。眩しい青春の景色が似合う愛らしい姿も魅力だが、最後に見せた力強く凛々しい姿から、彼女たちが爆発力を秘めたエナジーあふれる存在であることも感じずにいれなかった。
  まだまだ始まったばかりのユニットだ。でも、いろんな顔を覗かせてゆくからこそ、いろんな顔を見たくなっていた。「明日を変えていこう」と歌う彼女たちが、どんな風に未来を作ってゆくのか、楽しみにしていようか。

https://twitter.com/ReaScribe_rs

 


LIVE

wqwq

どの曲も、そう。wqwqのメンバーたちは自分自身がそのヒロインになって歌っている。だから存在感を持った歌として胸に響いてゆく。

 「"world quest wonderful queen"として、世界を"わくわく"させます!」をコンセプトに活動中のwqwq。ライブは、観ている人たちの心のカンバスへキラキラした歌声の絵筆で"わくわく"した物語を描こうと、『はじまりのメロディ』を歌いながら幕開けた。一人一人が歌に登場するヒロインの気持ちになり、光輝く景色を一緒に描きだそうと誘いかけてきた。彼女たち自身が、毎回のライブごとに、仲間たちと未来図を描くことを楽しんでいる。だからwqwqのライブへ触れ触れるたび、今日は彼女たちと一緒にどんな"わくわく"を感じられるのか楽しみになる。 

  ヤバい、ドキドキが走り出した。wqwqは、恋に恋する乙女の心模様や、夢に想い馳せる気持ちを大きく膨らませるように『君へのメロディ』を歌っていた。この曲へ触れている間、4人と一緒に心弾むメロディを分かち合っていたかった。彼女たちに「わたしだけを観てほしい」「思い続けるよ」と歌われるたびに、心がときめきだす。無邪気な乙女たちの甘い誘いは、気持ちの"わくわく"を止めさせない。心が照れる。そんな風に感じていられることが、素直に嬉しかった。

 MCではここなこが、MAZARANのスキンケアを使いほっぺのカサカサが直ったと答えれば、himeがアトピーの肌でも使えたことを語っていた。えるぽぽは「小顔になりました」と語るが、3人とも「なるか!!」と突っこんでいた。

  後半のライブは、MVも公開になった『Dream Chaser』から。今のwqwqを代表する楽曲であり、彼女たちの未来へ向かう強い意志や思いが、ここには詰め込まれている。4人とも、歌詞に込めた思いを自分の気持ちに重ね合わせ、力強く歌声を響かせていた。歌声はパワフルでも、つねに笑顔を忘れずに愛らしさを振りまいてゆく。その姿こそ、彼女たちが短期間でたくさんの人たちの視線を集めだした理由だ。どの曲も、そう。自分自身がヒロインになりきるからこそ、説得力や存在感を持った歌として、胸に響いていた。

  最後にwqwqは、舞台の上でわちゃわちゃ弾けながら『WBC』を熱唱。この曲でも彼女たちは、ときめく気持ちを大きく膨らませ歌っていた。舞台の上で無邪気にはしゃぎながら歌う姿が、とても眩しい。その姿に"わくわく"が止まらない。メンバーらの振り上げる腕の動きに合わせ、フロアでも同じ動きが広がってゆく。その様も素敵じゃない。

https://twitter.com/wqwq_official5

 

 

LIVE

Caress Van End

Caress Van End、とても感情的で情熱的なユニットだ。胸を熱く染めあげてゆく歌の数々も、嬉しい心の筋肉になっていた。

 メンバーがクラップを求めた瞬間、フロア中からすさまじいクラップの音が響きだした。それだけCaress Van Endのライブに期待を寄せている人たちが多いという証拠だ。
 
  「全部全部抱きしめてよ」と、熱情した歌声を合図に飛びだしたのが、『アネモネ』だ。激しく駆ける楽曲の上で、メンバーたちは愛くるしい想いを感情揺れ動く歌声に乗せ、情熱いっぱいに歌いかける。めちゃくちゃエモーショナルな歌声だ。いや、メンバー自身が、沸き立つ熱情をすべて解き放つ勢いで歌い躍らないことには、衝動を収めることが出来ずにいた。

  続く『東京ディストーション』でも、彼女たちは胸の奥底から沸き立つ想いを、感情へ巧みに緩急をつけながら歌っていた。ただ、がむしゃらに想いをぶつけるのではない。歌詞に綴った揺れ動く心模様に合わせ歌声に抑揚をつけてゆくからこそ、彼女たちの歌声がとても生々しい衝撃と衝動を持って胸に突き刺さる。パワフルで情熱満載の楽曲だけに身体は熱を覚えていたが、それ以上に、メンバーたちの動きから目を逸らしたくなかった。その姿をずっと追いかけていたかった。

  これまでの熱情した姿の中へ、ちょっとわちゃわちゃしたカラフルな楽しさを振りかけたのが『ダバダバ』だ。舞台の上で無邪気に、全力ではしゃぐメンバーたちの姿を観ていたら、一緒にその輪へ飛び込み、仲間になってはしゃぎたい気持ちに心が染まっていた。Caress Van End、いろんな心ときめく姿を見せてくれるユニットだ。途中、「ハイ!ハイ!」と叫びながらメンバーみんなでラインダンスをしてゆく姿も、眩しすぎるくらいチャーミングだった。

 ライブも後半へ。これまでの熱狂から少し色を塗り替えるように、Caress Van Endは『LOST ONE END』を通して切ない心模様を届けてきた。とはいえ、楽曲自体がどんどん熱と輝きを増してゆくからこそ、何時しか同じように気持ちへ熱や輝きを覚えれば、彼女たちと一緒に笑顔や希望を胸の内でどんどん膨らませていた。感情が強さを増すのに合わせ、彼女たちのパフォーマンスにも凛々しさやパワフルさが漲ってゆく。

  最後にCaress Van Endは情熱疾走チューンの『君を想い積もる言葉』を歌いながら、沸き立つ感情にどんどんエナジーを注ぎ込んでいった。彼女たちの願いが強く、確かな想いへ変わるたび、メンバーらの歌声やパフォーマンスにもどんどん熱が注がれてゆく。力強く振り上げる腕の動きからも、メンバーたちの奮い立つ気迫を感じていた。とても感情的で情熱的なユニットだ。胸を熱く染めあげてゆく歌の数々も、嬉しい心の筋肉になっていた。

https://twitter.com/CaressVanEnd

 

 

LIVE

天使突抜ニ読ミ

暖かい歌声をペンに、今宵の1ページ目に天使突抜ニ読ミは、未来への想いを綴りだした。

  第二部のトリを飾ったのが、「読書に恋してポエムするアイドル」として活動中の天使突抜ニ読ミ。フロア中から響く熱いクラップに誘われるようにメンバーらが舞台へ登場。
  物語のページを優しい歌声でめくるように、7月20日より上映になる映画『残念悪魔と厨二病』の主題歌『幾千億のストレイライト』を歌い、天使突抜ニ読ミのライブは幕開けた。メンバーたちの暖かい歌声をペンに、今宵の1ページ目に、未来への想いを彼女たちは綴りだす。心地好くステップを踏みながら、その先に待ち受けている輝きに期待を馳せるように歌うメンバーたち。その姿に触れ、同じよう未来にワクワクする期待を感じていた。彼女たちは愛らしい歌声で、観ている人たちを自分たちの胸元へ少しずつ引き寄せていく。メンバーたちの想いを感じるたびに、夢求めるその想いがジワジワと心の中で膨らみ、少しずつ姿を成してゆくようだ。

  MCでは、「この熱い中でサーッと馴染む感じがオンリーワン」「フルーティーのいい香りがいい」とMAZARANを使っての感想を述べていた。

 「みなさん、サイリウムと拳で盛り上げてください」の煽り声に続き、ピコピコとした音がフロア中に響きだした。天使突抜ニ読ミは、ハードさも抱いた、ノリ良くチャッチーなデジタルチップチューンの『恋人はAIでいい』を歌いながら、胸をドキワクさせるファンタジックな世界へ見ている人たちを連れだしてゆく。メンバーたちが舞台の上でわちゃわちゃ絡みあえば、一体化したパフォーマンスでは心踊らせるチャーミングな姿を見せていた。『恋人はAIでいい』に触れている間中、メンバーたちを恋人のように感じながら、一緒にときめきの中でデート気分を味わっていた。

  胸をキュンと、キュッとくすぐるロマンチックな気持ちに心が染まりだす。メンバーらが少し切なさを抱きながらも愛らしく『月下セレナーデ』を歌いかける。淡い、でも、壊れそうなほど純粋な恋心を、彼女たちは真っ直ぐな気持ちで歌っていた。その想いをフロア中の人たちが手を伸ばしつかもうとすれば、ときにクラップしながら、彼女たちにエールを送っていた。ずっと淡い気持ちに心がときめいていた。その淡い曖昧な心模様に、ずーっと浸っていたかった。

 最後に天使突抜ニ読ミは『君としたユニバース』を歌唱。何時だって彼女たちは、少し恥じらいを持った乙女の姿で、胸に秘めた淡い想いを零すように歌いかける。いや、想い叶うようにと願いを込めて歌うことで、メンバーみんなの気持ちがどんどん奮い立つ。想いを強く抱くことで生まれる、愛しい熱情。それを彼女たちは熱したままに歌いかける。その姿を、ずっと熱い視線を持って見つめていたかった。フロア中からクラップが響き渡っていたように、気持ちを熱く交わしあっていた姿も、胸を熱くさせた。

https://twitter.com/tsukinukeniyomi
 


PHOTO: 水島 勇
TEXT:長澤智典

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.08.15
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.08.14
ガルポ!ズ LIVE レポ