FEATURE

2022.05.25
1-Girls

「DIAMOND FES 2022 GIRLS EDITION ZERO」ライブレポート。1-Girls編

 5月10日(火)、KT Zepp Yokohamaを舞台に行われた「DIAMOND FES 2022 GIRLS EDITION ZERO」。出演したのは、夢みるアドレセンス、マジカル・パンチライン、1-Girls、BOCCHI。(オープニングアクト)。さらに、ゲスト出演者としてアップアップガールズ(仮)が登場。当日の中から、ここでは1-Girlsのライブの模様をお伝えします。


1-Girls

 イベントのトップを飾る形で登場したのが、1-Girls。ダンスパフォーマンスを得意とする彼女たちのライブは、メンバー1人1人が、その後、メンバー全員で一体化した踊りを見せる形でスタート。

  冒頭を飾った『I only have eyes for you』で、4人は切れ味鋭いダンスを見せながら、その上で凛々しい歌声をフロア中に響かせていた。熱情した恋の想いを、彼女たちは滾る気持ちのままに歌う。沸き立つ想いをぶつけるような歌声にも心惹かれるが、4人の激しい動きからもつねに目が離せない。

  『きっと…あの先に』では、4人が声を一つに重ね合わせ歌いだす。 先ほどとは異なり、『きっと…あの先に』を通して彼女たちは、未来に夢馳せる想いを綺麗に重ねた歌声に乗せて響かせていた。とてもハートフルな声だ。4人が未来を見据えた歌は、心に光も差してくれた。

  続く『恋の扉へと』では、甘い乙女心を歌唱。ベースにあるのは身体を熱く騒がせるダンスミュージック。その上に描きだす女性の心模様は、曲に変化が現れるごといろんな表情や感情を見せてゆく。その想いの変化を彩るように4人は歌っていた。『恋の扉へと』を聞きながら、ハートフルでエモーショナルな感情を覚え続けていたのも、それが理由だ。

 ノンストップで続く1-Girlsのライブ。力強く走り出した『Smile』の上で、4人は満面の笑みを浮かべ歌っていた。メンバー自身がアゲアゲな気持ちで歌い躍るからだろう。何時の間にか彼女たちの笑顔へ導かれるように、フロアのあちこちに笑顔で身体揺らしながら4人を見つめている人たちの姿があった。
 
  続く『future』で1-Girlsは、再びエナジーあふれるアグレッシブなダンスビートナンバーを突きつけた。 4人の歌声は、本当に晴れた表情だ。天真爛漫な女の子たちが、無邪気な気持ちのまま、夢描く想いを思いきり楽しみながら歌っていた。その姿が、とても眩しく見えていた。

  最後に1-Girlsは、いろんな感情をギュッとひとまとめにし、大空へ解き放つように、心開放した歌声で『Look up at the sky~空を見上げて』を歌っていた。彼女たちが空高く突きあげた腕に合わせ、フロアのあちこちでも腕が突き上がれば、メンバーらの動きに合わせ一緒に身体を揺らしていた。素敵だよね、こういう心を解き放つ景色が生まれ、笑顔になれるライブって。


TEXT:長澤智典


LIVE


1-Girls
https://www.1believefnc.com/1-girls

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.10.07
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.10.07
小川麻琴とへなぎのIDOBATA RADIO!!