FEATURE

2020.12.22
たこやきレインボー

たこやきレインボー『たこ虹クリスマス2020』結成8年目の初クリスマスワンマン 今宵、メンバー思い思いの虹を架ける

クリスマス前の12月20日、中野サンプラザでは、たこやきレインボーの「たこ虹クリスマス2020」が開催された。

場内は、コロナ禍のなかでの厳戒態勢。ソーシャルディスタンスを保ち、一席ずつ空席を空けての観覧。そして、ライブはオープニングVTRをきっかけに幕を開けた。

 

1曲目『なにわもジングルベル』のイントロとともに赤と白を基調にしたクリスマス衣装に身を包んだメンバーたちが登場。同時に、「虹家族」(ファンの呼称)たちも一斉にスタンドアップ。今回のライブのテーマは「クリスマスデート」。クリスマスムードの街並をイメージしたセットを背景に、サンタクロースを待ち焦がれる恋する女の子の気持ちを可愛らしく歌う。

 

2曲目は1曲目のクリスマスソングとは打って変わって、4つ打ちビートの『にじースターダスト』。ボーカルにエフェクトがかかったクラブサウンドに加え、ミラーボールが回り出した場内は、さながらお洒落なクラブスペース。

 

無駄のない関西ノリ炸裂のMCをはさみ、3曲目『レインボーロード〜駆け出した靴〜』、4曲目『天使のラブソングを』、5曲目『ナナイロダンス』と続けて披露。『天使のラブソングを』は、エモさ溢れるEDM調の楽曲。ダンスの振付はというと、小刻みなダンスのなかにところどころハートマークを入れてくるなど、アイドルらしさは忘れていない。

 

『ナナイロダンス』では、間奏中に小芝居を入れつつパフォーマンス。大きな箱に入ったクリスマスプレゼントを手に入れたメンバーたちは、そのうちのひとつを開けてみることに。なかからは、物販でも販売しているメンバーの生写真が、というオチ。そして、お次は「理想のクリスマスデートは?」のお題でトーク。それぞれ「ディナーデート」「テーマパーク」「家」と続き、果ては「雪だるまを作る」など好き勝手なことを言い出したかと思えば、そのまま自然な流れから6曲目の『なれたらなぁ』へとテンポよくつなげた。

たこクリ

舞台袖でメンバーひとりずつソロパートを歌いつなぐ間に、ステージ上段にはレストランのセットが組まれる。歌い終わったメンバーからテーブル席に着席していくというミュージカルのような展開に。

 

続いて7曲目『もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-』は、またもやサイバーなシンセメロが気持ちいい王道のプログレッシブハウス。このトラックにのせて「くーちゃん」こと堀くるみが伸びのある歌声を披露。

 

 

往年の90・00年代EDMが蘇る!踊ろう、心のなかで

 

電波ソング調の曲からEDM、そして、MIXが打てそうないわゆるアイドルソングと、アイドルファン以外の耳の肥えた音楽ファンでも楽しめそうなライブだ。とくに90年代から00年代のクラブミュージックが好きな音楽ファンには、ぜひおすすめしたい。

たこクリ

続いてはVTRによるMCコーナー。「TACONIJIPPON グランプリ」と銘打ち、「サンタがついやってしまいそうなクセ」のお題でメンバーが一人ずつフリップで回答していく。この間に衣装チェンジ。

 

13曲目『めっちゃDISCO』は、「ドッドッ」というバスドラムとともに、『サダデーナイトフィーバー』を連想させる振付も織り交ぜながら、まさに80年代のディスコシーンを切り取ったかのよう。そして、そのままラストの曲『恋のダンジョンUME』へ。

 

歌い終わり、ステージ袖へとはけるメンバー。すると、メンバー自ら促すかたちでアンコールの手拍子。間髪入れずにアンコール1曲目は、公式サポーターを務めるセレッソ大阪とのコラボ応援ソング『ホーム最強』を初披露!

たこクリ

続くMCでは、この日21歳の誕生日を迎えた堀くるみにバースデーケーキが投入される。堀は「(もう21歳なので)節度ある大人の行動を……」とコメントし、失笑を誘った。

 

アンコール2曲目『たのしかしまし大阪〜おいでやす〜』は、めまぐるしい転調が特徴のわちゃわちゃ感。落ちサビがエモい面白い曲だ。

 

ラストを締めくくるのは『クリぼっちONE DAY!!』。この曲はアップテンポで明るい電波ソングのような曲。「まいまい」こと春名真依と「さきてぃー」こと清井咲希の落ちサビが聴きどころ。

たこクリ

 

最後は、メンバーからファンへ向けて一人ひとり感謝の言葉が述べられる。

 

「私たちに出会ってくださってありがとうございます。来年は出会いを大切にしたい」(春名真依)

 

「私たちは皆さんに笑顔を届ける人になろうと、改めて思った1年でした」(彩木咲良)

 

「(途中泣きながら)マスクの下でも(みんなが)笑顔なのがわかりました」(清井咲希)

 

「地球に、日本に生まれて、たこやきレインボーとしてステージに立ててよかったなと思いました」(根岸可蓮)

 

「(この日まで)どうやったらみんな喜んでくれるかなとか考えるのが久しぶりだったので、準備期間も含めて本当に楽しい時間でした」(堀くるみ)

 

2021年3月には、大阪にてワンマンライブ2DAYS公演も発表され、こんな時だからこそ、ライブで伝えたいことがある。大事なことにメンバーたちは気づき、そして観客である我々も気づかされる。1分1秒さえも尊く、そして噛み締めながら観るべきだと感じさせる、そんなライブだった。

タコクリ

 

<セットリスト>

1.なにわもジングルベル
2.にじースターダスト(KiWi -MAD MAGICAL mix-)
3.レインボーロード〜駆け出した靴〜
4.天使のラブソングを
5.ナナイロダンス
6.なれたらなぁ
7.もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-
8.怒るでしかし!
9.レインボーレボリューション
10.SuperSpark
11.絶唱!なにわで生まれた少女たち(CLUB RAINBOW Ver.)
12.ナンバサンバイジャー(KiWi -MAD MAGICAL mix- )
13.めっちゃFUNK
14.恋のダンジョンUME 
-アンコール-
En1.ホーム最強
En2.たのしかしまし大阪〜おいでやす〜
En3.クリぼっちONE DAY!!

 

取材・文:名原広雄

<インフォメーション>

たこやきレインボーワンマンライブ 「桜咲くこの場所で」
日程:2021/3/13(土)、14(日) 
会場:大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
詳細は後日公式HPにて発表

 



たこやきレインボー

公式サイト:
https://www.tacoyaki-rainbow.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/taco_staff

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2021.05.31
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2021.05.31
中山みなみのステラビみかん色