FEATURE

2023.04.10
純真アムレット

メンバーらの描いた夢を一緒に形にしたい。そんな思いも胸に、純真アムレットのライブを受け止めていた。 「ガルポライブショー」 純真アムレット編

 3月29日(水)、秋葉原パームスを舞台に「Galpo! Live Show Vol.21」が行われた。出演したのがwqwq/Plumelt/セプテントリオン/蛍/恋情アークライト/CURTiA/純真アムレット/Fragrant Drive。
  この日の模様は、「ニコニコ動画」でも生配信。ニコニコチャンネルの番組「Galpo! Live Show」に月額会員登録した方は、「Galpo! Live Show」で配信したライブ動画。さらに、スピンオフ配信のプログラム映像を見れる内容になっている。
 ここでは、純真アムレットのライブの模様をお届けします。                       


純真アムレット

 「心に飾ろう純真アムレット」のメンバーの合唱からスタート。彼女たちは『アムレットよ、永遠に』に乗せ、自分たちが胸に抱えた、このグループとして進むための思いや姿勢を真っ直ぐな歌声に乗せて伝えてきた。甘く、優しい歌声でせまられ、冷静でなどいれない。彼女たちが届ける言葉のひと言ひと言をしっかりと受け止めるたびに、もっともっと純真アムレットのことを知りたくなる。「君と笑って 君と歌って 君と未来を紡いでいこう」と彼女たちは歌いかける。その願いを胸に受け、純真な音や歌声に浸りながら、メンバーらの描いた夢を一緒に形にしたい。そんな思いも胸に、純真アムレットのライブを受け止めていた。

  純真で清楚な姿に続いて純真アムレットが見せたのは、『シルエットハニー』を通した眩しい青春模様。学園を舞台に、彼女たち自身が心を女子高生に染め上げ、淡い恋にときめいた姿を、目をキラキラ輝かせ、眩しい笑顔を浮かべながら見せていた。恋に恋する乙女の純粋な気持ちを歌う彼女たちの姿がキラキラ眩しく見えていたのは、6人が10代の乙女に気持ちを染めきっていたから?!彼女たちは指でハートを作り、見ている人たちの心もしっかり落としていった。

 この空間にカラフルな音符の花びらを敷きつめるように、純真アムレットは『すっぽんガール』を歌いだした。彼女たちには、恋に憧れる女子学生のときめく姿がとても似合う。この曲でも、どんどん理想と妄想を膨らませ、ときめく温度を上げてゆく様が、歌い踊る姿を通して見えていた。ときめきが膨らむたびに乙女心がキラキラ輝きだす。その眩しい姿に触れたくて、彼女たちのライブを求めてしまう人たちが多いのも納得だ。恋にときめく彼女たちの姿を見ていたら、一緒にその仲間になってドキドキわちゃわちゃしてゆく気持ちになっていた。

 「愛してたのに~愛されてたかったよね~好きだったよね」と歌う『哀してたのに』が飛び出した。片思いに心萌える姿も純真アムレットの魅力だが、叶わなかった恋心を後悔し悲しむのではなく、不満をぶつけるように強い声を持って彼女たちは歌っていた。傷ついた気持ちを受け止めながらも、その悲しさを、自分を奮起する力に変えてゆく。その強い表情も隠し持っているからこそ、純真アムレットのメンバーたちの歌に深みを覚える。それを、短いステージの中でしっかりと見せてくれたのが嬉しい。終盤に零した「愛してました」の声が、胸をキュッと鳴らしてくれた。


ライブ

PHOTO:大野 
TEXT:長澤智典


SNS
https://lit.link/jyunshinamulet
https://twitter.com/junamu_official

GALPO! LIVE SHOWはこちら
https://ch.nicovideo.jp/galpoliveshow

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.03.02
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.03.02
ガルポ!ズ INTERVIEW